2004年05月31日

どうも調子悪いな〜

帰国後、どうも体調悪い〜。

寝て治そう。
posted by spa at 23:59| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月30日

ネット友達とホワイトボード遊び〜トシ考えろ、おまいら!〜

ネット友達のQさんとヤフーメッセンジャーでホワイトボード遊びをした。

ひざかたとしぞう25さい

目玉オヤジ

二人とも書くネタは、どう考えても古いネタばかりである。

しかし、オッサン同士、ネットで何してんだろうな〜、などと日曜の夜にマターリしてたのでした。

こんな関係の友人も良いですな(w
posted by spa at 21:17| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バカネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

役員になれるヒト、なれないヒト。

一昨日、アッシの部の親分が役員に就任する事となったので、部の部課長と経理部出身の副社長、そしてOBである元取締役経理部長をゲストにお呼びしてささやかながらのお祝いをした。

と、書くと、「取締役島耕作」みたいな世界の様だが、全然そうではない。

恵比寿のとある和食料亭で執り行われたのだが、出てくる料理とお酒は美味しいが、飲むヒトはいつものヨッパライなので、あまりいつもの飲み会と変わらないのである。

ウチの親分は歴代経理部長の中でも異色の存在なのは、誰もが認めるくらいの「柔らかい」方である。

40歳くらいの時に経理部から事業部の管理部門へ異動となった時、当時の経理部長であるOB氏にかなり文句を言ったらしい事を初めて皆の前で明かした。

正直、その様な事を言う人には見えなかったので驚いた。

また、そのとき経理部に残った方で、その後経理部長となり、弊社の親会社(北米の某国)に転勤するなど、周りから見ても着々とサラリーマン人生を上り詰めている感じがしている方(Zさんとしておきましょう)がいた。

その後、二人の人生は大きく差が開いたんですな。

親分は人当たりが良く、処世術に長けており、異動先の役員がその後社長になり、結果、経理部長に返り咲き、数年後に役員となった。

Zさんは社内でも一二を争うくらい人望が無く。北米から帰国後、転がり落ちるかのように、子会社へ異動となった。子会社で一応役員にはなったものの、諸般の事情で60前に退任する事となった。

この二人に関するエピソードは他にも山ほど有るのだが、とにかく人生は偉くなるほど自分の意図するところと違う結果になってしまう様ですな。

自分の人生については何も考えて無い事に気づいてしまったが、まぁ、なんとか生きていけるかなと思う今日この頃でつ(笑

<補足>
Z氏のその後ですが、どうやら弊社に出戻ってくる説が濃厚らしい。結構仕事で関係のある部署らしいという噂も...。
子会社に異動になった時に、二度と一緒に仕事しなくて良いや〜って喜んだのに〜〜〜(笑
posted by spa at 20:59| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月29日

取りあえずは無事帰国しますた〜中国出張終了〜

日が空いてしまいマスタが、香港入境の続きでつ。

さてさて、25日の夜に香港に入り、夜の九龍半島をブラついてホテル(Empire Kowloon Hotel)へ帰った翌朝(26日)、例によって「早朝散歩」に出かけたのであった。

ホテルのあるKIMBERLY ROADから九龍公園へ向かい、NARTHAN ROAD
に出て、PEKIN ROAD、CANTON ROADを経て香港島へ渡るスターフェリー乗り場まで行った。

やはり朝は怪しいヒトも少ない(気がした)ので、足を伸ばしやすいですな。

スターフェリー乗り場は前夜から飲んでいた酔っぱらいの現地のオッサンや、早起きの観光客などが散見された。

アッシもデジカメを持ってフラついていたのだが、風景ばかり撮っていてもつまらないので、誰かにカメラを渡して記念写真でも撮ってもらおうと思った。

が、しかし、

「スイマセ〜ン、チョトワタシヲトッテモラエマスカァ」
(怪しい英語を話すニポン人の口調)

とおながいして、デジカメ持ち逃げされても困るので、信頼できそうな(?)香港人をさがしていたら、ちょうど三脚とカメラバッグを持って風景を撮っていた現地人がいたので、アッシの怪しい英語で写真を撮ってもらった。

「オゥ!ニポーン人デスカァ?」

と言われたっつーか、やっぱニポン人ってどこにいても分かるんだねぇ。

でも、香港をぶらついている時に中国人(香港ではない内陸地のヒトっぽかった)に道を聞かれたので、ちょいと驚きマスタよ。

現地駐在員の方にその話をしたら、

「ん〜、君みたいなメガネをかけた香港人って多いし、その恰好(結構ラフな若い恰好)はどう見ても旅行者じゃないよ(笑)」

と言われてちょいと複雑な気分になりますた(w

スターフェリー乗り場からペニンシュラホテルへ行き、ホテルへ戻った。所要時間は約1時間半、距離にして約5kmくらいであろうか。

8:30に同行のXさん、現地駐在員氏とホテルのロビーで落ち合い、観光(?)に出かけた。

朝の単独散歩と似たコースでスターフェリー乗り場に行き、香港島へ渡ったが、フライトが14:30の便で時間の制約がかなり有り、香港島では小一時間ほど歩き回る事しかできなかった。

香港島から地下鉄で九龍半島のチムシャチョイまで戻り、ホテルから空港行きの鉄道に乗るため、九龍駅へ向かった。

タクシーに乗り、九龍駅までと現地駐在員氏が運転手におながいしたら、

「広東語しかデキマセ〜ン。」

ときた。

現地駐在員氏は英語、北京語しか出来ないので、当然会話が成立しない。結局身振り手振りで話しをしているウチに、

「3人で空港まで行くなら、このままタクシーで行くのと鉄道で行くのもあまり金額が変わらないアルヨ」

みたいな事を運転手氏が言うので、

「んじゃ、空港までよろすこ!」

とおながいした。

5分後、九龍駅に着きますた。

結局、会話は成立せず、我々は鉄道で香港空港へ向かう事となったのですた。

香港空港で、昼食をとったのだが、さすがに中華料理はもう飽きたので、ステーキを食べた。中国に着いてから水には細心の注意を払ってきたが、香港空港の高級料理屋の水は流石に大丈夫であろうと3杯ほどグビリと飲んでしまった。

翌々日まで腹の具合が悪かった。(まいりますた〜)

帰りの機内(ボーイング747)もエグゼクティブクラスの二階席だったので、機内食を食べて少々のワインを飲んでからフルフラットにして成田までの3時間半を爆睡してしまいますた。

成田に着いて、日本のイミグレでXさんと今回の出張の思い出話などをしながら順番を待っていた際に重要な事に気づいた。

香港空港の免税店で買った経理部へのおみやげを機内に置いてきてしまったのだ。

慌てて戻ったが、駐機場からの通路のドアは閉まっていた。

あらら。こりゃ手続きが面倒っちぃな〜。などと途方に暮れていたら、ドアの向こう側からスッチーのお姉ちゃんが来てドアを開けてくれた。

事情を話したら、機内の忘れ物に心当たりが有ったのですぐに取ってきたもらえた。いや〜、有り難や、有り難や。(知念里奈にちょっと似ていたお姉さん、有り難うごぜました)

この出張で思い知らされた事は、

「安全と水はタダではない!」

っつーことですな。

日本人がタダだと思っている物は、実はとても高いものだったんですな。

しかし、気になるのは現地駐在員氏が香港空港で言った一言。

「じゃあ、来月は帳簿チェックをしに来てね〜」

ときた。

当分、いや、出来れば二度と中国には行きたくないと思いますたよ(笑
posted by spa at 22:31| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月26日

香港エリアへ越境しますた〜いやぁ、スリリングですたよ、ハイ。

今日は香港の隣町の深センエリアでの仕事の最終日ですた。

午前中は東京とのTV会議関係の設定のお手伝い(とは言っても諸般の事情でセッティング出来ませんですた)をして、午後からみずほコーポレート銀行の深セン支店、東京海上火災の深セン支店、そして中央青山監査法人の深セン事務所を立て続けに訪問し、会議しまくって少々つかれましたですよ〜。

午後の訪問先に行って世間話をした際に、今日香港へ行くことを告げると口をそろえたかの様に、

「香港へ行くんですか〜。深センから鉄道で行くんでしょ?そりゃ〜気を付けなきゃならんですよ。教われますよ〜!」

と言うのだ。

東京海上で貰った資料に深セン・香港地区の旅行者や外国人が巻き込まれた事件の事例が書かれた資料を貰ったが、まさに自分たちの出で立ちそのものの人が襲われているのだ。

特に深セン駅のイミグレでの置き引きや強盗が多発しており、出国・入国審査カードなどをカウンターで書いている際に荷物を持ち逃げされたり、混雑している中を肩が触れたとか因縁を付けてイチャモンをつけ仲間を呼んで丸裸にしてしまう事件が後を絶たないらしいのだ。

アッシと同行のXさん、現地駐在員の方とスリリングな香港への越境は、結局何事も無く終わってしまい、ちょっと拍子抜けしたしまった。

イミグレで審査しているときに気づいたのだが、行列を作って待っている間に密かに上から赤外線カメラで待っている人間の体温を計測しているのだ。やっぱSARSの影響っすね。

ホテル到着後、港の方の繁華街に繰り出し、広東料理を食べてホテルに帰ることになったのだが、いかんせん人ごみに流されるまま目的のホテルと違う方向に言ってしまい、結局タクシーでホテルへ行ったという情けない夜となってしまったのですた。

なかなかスリリングな一日ですたよ。ハイ(笑
posted by spa at 01:27| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

究極の食器〜中国4千年の歴史は洗面器だ!〜

気温が34度まで上がり、東京との気温差にちょいと体調が思わしくないヒヨワなsぱっス。

昨日は打合せ場所でもある弊社の投資先でもある某社へ行ったのだが、なかなか面白いネタの宝庫でもあった。

昼食の時に、某社の労働者(某社はメーカーで、沢山の人民労働者がいる)が昼食を食べに事務棟(食堂の様なものがある)へ集まっている光景を見かけた。

「?」

何かおかしい。

「!」

何がおかしいのか分かりますたよ。

皆、片手に「洗面器」を持っているのだ。しかも箸といっしょに。

食堂の厨房窓口で昼食を配っており、労働者の皆さんは洗面器にご飯とおかずを入れてもらっているのだ。で、その辺で洗面器に入ったメシをかきこんでいるのだ。

近くに寄ってどんなものを食べているのか確認したかったが、同行メンバーに首根っこ捕まれて連行されてしまったので残念ながら洗面器の中身を確認できなかった。

某社敷地から出て、我々も昼食をとりに某社側のレストランへ向かったのだが、途中でまたしても見かけてしまった。

そう、洗面器を。

某社敷地内では労働者のオジサンばかりであり、婦女子はいなかった。婦女子は流石に洗面器でメシは食わねーだろー?と思っていたので自分で弁当でも買ってきて、お友達の女の子グループでワイワイと弁当のおかず自慢でもしながら昨日の晩のドラマの話や、給料出たらどんな服を買おうかなどと勝手な想像をしていたが、それはどうやら違うようであった。

某社勤務と思しき姉ちゃんが、近所の安い食堂みたいなところでマイ洗面器&マイチョップスティックを持って歩いていたのだ。

やはり、婦女子も洗面器か〜。

ショックだったのは、その洗面器が昔近所の人が飼っていた小汚い犬の餌入れ用洗面器とそっくりだったことである。

もっと気になったことがある。

味噌汁とご飯とおかずを同じ洗面器に入れたら、まんまネコマンマイヌメシになってしまうではないか!

合理性や利便性の追求の結果、洗面器というスペシャルアイテムを選択するという事になったのだろうが、洗面器はねぇ〜。

帰国後、社員食堂に洗面器が置いてあったら怖いです。夢に出てきそうですわ(笑
posted by spa at 07:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月24日

中国早朝散歩の巻

前回の出張で上海に行った時同様、今朝も早朝散歩に出かけた。

夜中の散歩は追い剥ぎに会ってしまったり、何かと危険を伴うが、早朝散歩はあまり怪しいヤシはいないので安心してうろつく事が出来る。

ホテルが大通りに面しているが、車どおりもほとんど無く、出勤の労働者がプラプラと歩いている姿が散見された。

驚いたのは、大型バスが交差点の真中でユーターンをぶちかましていた事であった。こんなデカイバスがぐるりと交差店内で回る姿は日本ではお目にかかれない。

昨日行った近所の百貨店への通りを歩いていた途中、歩道に見慣れないものが沢山有った。

kedama1

kedama2


これは恐らく野鳥の羽毛が毛玉状態になったものではないかと思われる。しかし、通りに生い茂っている木からは鳥の鳴き声は全然聞こえない。でも、毛玉と思しきモノはそこら中に転がっている。

んん〜、謎だ。

2kmくらい歩いた先に日本でもおなじみのコンビニエンスストア、セブンイレブンが有った。
興味がてら店内に入ってみた。

品揃えは殆ど日本と変わらなく、中国ならではの食材が陳列されているくらいだ。(日本のセブンイレブンのレジ横にあるおでんは流石に置いてなかったが)

ちょいとのどが渇いたので飲料が入っている冷蔵棚を見ると、日本でもお馴染みの飲料類が沢山有った。アッシはアミノサプリの漢字表記が妙に気に入って買ってしまった。お値段は3.5元。約50円。安い。

suppli

日が昇ってきて、気温も上昇し始め、若干汗ばむ温度になってきたのでホテルへ戻った。

ホテルのTVで天気予報を見たら、今日は34度まで気温が上がるようだ。

その後、朝食バイキングを食べ、これから今日の仕事先である弊社の子会社へ向かう準備をしなくちゃならない。

さて、準備でもはじめるか〜。

中国時間:8時10分。日本時間:9時10分、ホテルにて。
posted by spa at 12:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月23日

やっぱ本場の中華料理はウマーですな!〜中国出張初日〜

sぱ@深センっす。

先ほどまでホテルの中華料理屋でメシくってますた。

やっぱ本場はウマーですな。

つーか、こっちに着いてまず最初に買ったものが「水」ですた。
やっぱ水は体に合わないと厳しいですからねぇ。

近所の百貨店に現地駐在員の方と出かけたのですが、モノの安さには本当にサプライズです。

日本で水(500cc)を買うと150円くらいするのですが、こちらでは1.5元、日本円だと20円少々。こら安いわ。

でも、電化製品は結構高くてサプライズですた。

電子レンジが10万円以上もしちゃうんですな。楽器もアップライトピアノが100万円くらいしちゃう。でも、中国の楽器である二胡が2000円くらいとか、よくわかんない状況でした。

んで、CD屋で女子十二楽坊のCDが150円、DVDが700円くらいという値段だったので、ヤフオクで売ればどんな値段がつくのだろうか?(日本国内未発売品)ということで、3枚ばかり仕入れてきましたですヨ。

あと、厄介だったのは、ネットへの接続ですた。

今接続しているGRICというローミングサービスがあるのですが、アクセスポイントが混雑していて、接続まで一時間ほどリダイヤルを繰り返さねばつながらないという中国の通信状況の悪さに参ってしまったっす。

さて、明日からお仕事本番だ〜。

がんがれ!>漏れ
posted by spa at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ on the sky

奄美大島の西100kmくらいの上空11900mを時速764kmの機内からこんつわっス。

飛行機に乗るたびに思うんですが、水平線は弧を描いているんですな。
飛行機に乗って思うんだから、宇宙船やスペースシャトルに乗ったら、地球は丸いんだなぁと思うんでしょうな。

さてさて、目的地の香港まであと2時間ほど、約205マイル(330km)です。

いやぁ、ワインがぶ飲み状態で、満腹ですってゆーかJALの機内食は和食よりは洋食がアッシの中では良いと言うことになりますたっつーか、大変美味しゅうございました。

今回、事前にアレンジして予約した座席はスカイクルーザー(747)の9Aというブヂネスクラスの最前列で、前に席が無く、足を放り出せる位のスペースがある席でつ。

この席は出口からも近く、とても広い席なのでアッシ的に御用達な座席だったりします。

それにしても、JALの機内食っつーか、出てくるお菓子の「ドライ納豆」は非常にウマーですな。
普通は一人一つしかもらえないのですが、アッシは合計6個も貰ってしまいますた。
ええ、スッチーの姉ちゃんに「ァャスィ」と思われたに違いありません。でも、すげぃ美味いのですよ。
JALも「うどん de Sky」なんつーカップヌードルを売るなら、このドライ納豆を売った方がカナーリ儲かりますよ〜。間違いない!

香港について降りるときにまたドライ納豆を「下ちい」っておながいしたら貰えるだろうか?

なんて書いているうちに、当機は間もなく沖縄の北を通過しているところです。

東京の曇天模様が嘘のような快晴の沖縄上空からお伝えしますた。
posted by spa at 23:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空ドシラソ

ソラドシラソ〜♪

空が白んできました。

新しい朝が来た、希望の朝だ〜♪

いやいや、決して希望の朝ではないッス、鬱な朝ッス。
機内持ち込みサイズのバッグに商売道具(中国税務会計ハンドブック)と一抹の不安を詰め込んで、アッシはまもなく成田へ向かいまつ。

A君、元ルーキー君、餞別にくれた20元、どうもありがとう。
おみやげにあげた10元紙幣をそれぞれ餞別としてくれるとは、なんとも有りがたい(藁

A君には財布、元ルーキー君には中国のエロ本(なんかあるのかなぁ?)でも買ってきてあげよう。

では、みなそん、いって来まつ。
posted by spa at 04:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月22日

悪いのは漏れじゃない、オヤジ、アンタだよ!

先週組み立てたHDDレコーダー仕様PCを納品しに実家へ行った。

実家といっても隣駅なので近いと言えば近いが、キューブ型PCでも結構重いのでタクシーで行った。

実家に到着し、事前にPCを設置する場所をあらかじめ空けておいてもらったので、すぐにセッティング作業に入ることが出来た。

だが、問題が早くも発生。

キャプチャーボードに繋げる同軸ケーブルが隣の部屋から全然届かないのだ。

仕方ないので、ちょいと離れた船橋まで分配器と同軸ケーブル10Mを買いに行った。

小一時間後、買い物を終えて帰宅したら、納品したPCがどうもおかしい。音声が出ないのだ。

よく見ると、アッシがインストールしてない一太郎君などがアッシが買い物に行っている間に暇をもてあましたオヤジが入れたものらしい。

色々と調べてみたが、どうしても音声が出ない。

仕方ないので、最後の策としてOSを入れ直してみた。しかし、音声は相変わらず出ない。

どうも、アッシがいない間に「何か」が有った様だ。

こちとら一週間もテストをやって万全の状態で問題が無いことを確認して持ってきたんだ。問題なんか有ってたたまるか〜。

しかし、問題は解決できなかった。

かなりイラつきながら、オヤジに言った。

「もう一度言えに持って帰ってバラして調べてみるよ。スマンね。」

とは言ったものの内心は、

「勝手にいじくるんじゃねぇよ。ガキじゃないんだからセッティングが終わるまで我慢できねぇのかよ〜!動かないのはオヤジのせいだ。間違いないっ!!」

とゆー感じで結構ムカついていたりする。

さらに追い打ちをかける一言をオヤジは言った。

「んん〜、気にするなよ。あまりカリカリして奥さんに当たったりするなよ(笑」

.....ヌッ殺して江戸川に流してやろうかと思いましたよ、マジで(笑

結局、PCを持ち帰ってきたのですた。

あ〜、面倒だ。出張から帰ってからにしよう。






posted by spa at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月21日

コリオリの力とトイレの渦巻きとJ・P・ホーガン

フジでOAされている深夜番組、「ニューデザインパラダイス」をナニゲに見ていたら、水洗トイレの渦巻きの方向の話に「コリオリの力」が出てきた。

コリオリの力についてはググってもらうとして、ハードSF作家であるジェームズ・パトリック・ホーガンの終局のエニグマの中でそれは大変重要な位置づけになっている。

ぶっちゃけて言うと、北半球と南半球ではプールや風呂の水を抜いた際に生じる渦巻きの巻き方が逆になる。これは地球の自転によるモノである。

あ〜、ネタバラシになっちまうなぁ。

J・P・ホーガンの本は全部読んでいるが、SF好きならばまず嫁。

好きでなくても嫁。

激しくレコメンド。コンドメ(W

少なくともロビン・クック(映画化された「アウトブレイク」や「コーマ」あたりが有名な医学サスペンス物しか書けないオッサン。新作を読むたびに読者を後悔させる希有な作家。しかし、結構売れている。)の様な同じジャンルで似たような話ばかりではないです。

ましてやウィリアム・ギブスンみたいな感じでもありません。

まぁ、嫁(W

明日は久しぶりに「終局のエニグマ」を読みながら出勤しよう。
posted by spa at 00:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月20日

北朝鮮日本人拉致者奪還にからむ様々な思惑がイヤだよ。

22日に小泉首相が訪朝する。

日テレが25億円相当の食糧支援を手みやげに訪朝、とリークしたら主席秘書官から訪朝同行禁止!と言われてしまった。

年金問題でイチローが差し違える覚悟で突っ込んできた。

あ、打率不振の方じゃなく、イチロー小沢君ね。

年金一元化で世論の批判も厳しい。

あぁ、向かい風、向かい風。

そこで切ったカードが訪朝ウルトラC。

政治に利用される拉致者家族もたまったモンではないな。
蓮池(兄)氏も怒るわな。

でも、横田さんのお父さん、怒っている時も、どうしても笑っているように見えてしまう。

チョット損だよなぁ。(不謹慎ですな>自分。陳謝。)

ジェンキンスさん、日本に来たらアメリカに連れて行かれちゃうのかな〜。

それにしても、娘さんはお父さんにクリソツだ。可哀想だが...。(さらに不謹慎ですな>自分。逝ってヨス。)

拉致者を取り返す事が。事の本質ではないっつーことに国民のみなそんは騙される方に100,000人民元。

さらに倍!

小泉君、どうも最近何かが違うんじゃないか?
posted by spa at 23:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開発者不在のWinnyに“新バージョン”が登場

第三者が開発した。「通信暗号を二重化して外から復号を難しくするためのパッチ」が含まれている。

コレを作った香具師も「幇助」でタイーホされちゃうんかな〜。

つーか、これは京都府警ハイテク犯罪対策室に対する宣戦布告だわ。

よ〜し、おじちゃんも「開発者」の応援をしちゃうぞ〜!
posted by spa at 23:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月18日

訪中準備打合せの巻

今週の日曜から香港のそばにある深センへ行くこととなったのだが、同行される方(Xさんとしましょう)と今日打合せをした。

Xさんは経理部のOBであり、とてもジェントルで聡明な方であり、いつも仕事でお世話になっている方である。ただ、Xさん的には新婚旅行以来の海外渡航らしく、何を持って行けば良いのか?どんな服装で行けば良いのか?などと不安さが読み取れる表情でいろいろと質問してきた。

「ネクタイは極力しない様にしましょう。襲われますから。」

アメリカから安い穀物が中国に流れてきて、都市部周辺の農家は廃業に追い込まれているらしく、そいつらが都市部へ大挙押し寄せて来て、海外からの旅行者を襲うと東京海上の営業マンが先日会議の席で教えてくれた。ちなみにそいつらは「盲流」と呼ばれているとの事である。

「常備薬、特に胃腸薬は持って行くべきですねぇ。」

芋虫やタガメ、ネコやハトなど喰わされる可能性が大ですから...。前回喰わされましたしね。

「ホテルはお姉ちゃんがうろついていないところで予約しましたよ。」

広東省はエイズ患者がこの度3万人をめでたく(?)突破したと東京海上の社内資料にありますた。まぁ、アッシもXさんもそっちの方は行かないので、関係ないか。

「人民元への交換は必要最低限にしましょう。」

円→人民元への交換は簡単にできるが、逆はなかなか出来ない。人民元なんかイラネーヨ!という金融機関が殆どですからねぇ。コンビニで水とか、雑貨を買ったり、タクシー代を払ったりするときしか使わない。基本はカードです。いや、カード決済可能な所にしかイカンですよ。

「成田での待ち合わせは早めにしましょう。さくらラウンジで朝食を食べましょう。」

JALのさくらラウンジはおにぎりやパン、ワインなど食べ放題なので、朝食は抜きで行くのが吉かと思われ。

「行きの機内ではいくらでも飲んで良いですよ。ビジネスクラスは結構マトモなお酒飲ませてくれますから。」

初日は香港から深センへフェリーで渡って、日本からの先発チームと飲むだけだから。まぁ飛行機の中で大変な事にならない程度にしましょう。

「お土産はアッシが近所の浦安ネズミ屋敷で菓子折でも買っていきますんで心配しないで下さい。」

中国人は結構お土産に弱い。特にネズミ屋敷モノであれば、イヤな仕事も少しは前向きに進めてくれるだろう。間違えても東京タワーや金のシャチホコの置物なんか持って行ってはイカンですよ。

「あと、香具師らはいい加減で嘘つきが多いので、なんでもかんでも、しっかりとウラを取って反論できない様に交渉しましょう。」

ええ、会社の役員でさえ、出来ないことを平気な顔して「出来ます」と言う様なお国柄ですからね。中国人全部が全部とは言いませんが、一般的にはその様な方が多いそうですわ。
取りあえず、会社貸与のGSM携帯電話と、海外出張用のモバイルPCの貸出申請をして、海外でもブログ出来る様に...いやいや、仕事が出来る様にしますた。それにしても、GSM携帯って便利です。前回も上海から実家に

「上海ガニ食べる?」

と空港のお土産屋から電話できましたし、迷子になってもこれが有れば誰かしら探してくれるだろう(笑


3泊4日の旅程だが、最終日は香港でお買い物DAYをセットしたので、Xさんも奥さんへのお土産が買えますよ〜、と心配りをしっかりしておきました。

ええ、勿論、自分への心配りでもありますが(W
posted by spa at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

MTVX2004、結構良い鴨〜!

先日、実家の父親からAVパソコンを一台くみ上げてくれ、という依頼を受けた。

山のように有るVHSテープをDVDに保存したいらしいのだ。

ならば巷で大ヒット中のDIGAとか買えば良いじゃん、みたいな感じだが、年寄りの癖にパソコンいじりが大好きで、おそらく、自分でアドビのプレミアとか使って編集したりするんだろうなぁ。

そんな事はどうでも良いとして、アッシがこの前くみ上げたキューブ型PCに160GBのHDDとRADEON9600XTを積み、このPCの命とも言えるキャプチャボードにカノープスのMTVX2004を選んだ。

このMTVX2004というキャプチャボードはカノープスの戦略商品でもあるボードで、巷でかなり好評を博しているらしい。

アキバに買いに行ったところ、3件回って「売り切れ」状態だったが、4件目でようやく見つけて入手した。その店もアッシがレジで会計をしている間に売り切れとなってしまったくらいの人気である。

で、今日セットアップをしたのだが、簡単なレビューを。

・キューブ型ベアボーンでも大丈夫なコンパクトサイズ。(電源は200W)
・画質は流石カノープス。(でもDVRaptorよりは落ちますがね)
・静止画キャプチャもなかなか(アッシ的にはかなり重要(笑))
・付属のコントロールソフト「羽」もなかなかGOODっス。

2万円程度でこれだけの機能があれば十分ですな。つーか、安くなったなぁ。

ひとつだけケチつけるとすれば、もう少し静止画キャプチャの機能を充実して欲しかったですわ。

価格.comの評価よりはまともかもしれませんな。

今度自分用の2004を買おうかと思う今日この頃だったりしまッスル。
posted by spa at 00:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月16日

住人VS管理会社〜巨大マンションの定期総会〜

今年で4回目を迎えたマンションの定期総会に出席しますた。

やはり今年も住人VS管理会社の戦いとなってしまった〜。

議案が5つあるのだが、1号議案が承認されるまで1時間20分もかかってしまう様な状況は毎年のことなので、さすがに最近は驚かなくなってきましたですよ(笑

それにしても、毎年繰り広げられる管理会社の杜撰ぶりには

「流石、敵もプロよのぉ〜」

と呆れ果てるくらいのプロ的な屁理屈コネまくりで、素人には決して言えない発言オンパレードのいい加減ぶり。

マンションの役員任期は1年。今年で4期目なので、約40人くらいの役員経験者がいる。

年々役員経験者が増えているのは当たり前だが、年々マンション管理会社への疑念の声が増えており、その発言のほとんどは役員経験者から出るものだったりする。

つまり、

役員やった人は管理会社の実態を知り、不満を総会でぶちまける

と、いう形になっている。

昨年は理事長がブチ切れて総会に管理会社変更議案を提出し、あと一歩で管理会社を変えるところまで行った。

だが、理事長があまりにもワンマンで、他の住民から嫌われてしまい、そのせいもあって議長に反対するという意味も含めて管理会社変更議案の否決に回る住人も多数出てしまった。

管理費用が初年度は約60百万円だったものが、相見積もりさせたらあっという間に30百万円まで下がってしまう様ないい加減な会社である。

もっとも、値下げによるサービスの低下は一切なかった。いや、下げようがなかったのかな?(w

余談だが、その管理会社はマンションの販売会社である一部上場の不動産会社であり、いつも倒産寸前と夕刊フジに書かれるような会社の子会社である。

つまり、売って儲けて、管理して儲けるということを親子会社でやっているわけだ。

そろそろ総会に出るのも嫌気がさしてきたので、来年は出席を見送ろうかと思っていたりするのだが、そろそろウチに役員の順番が回って来そうな予感がする。

アッシが役員になったら、間違いなく管理会社はクビだ〜!
posted by spa at 23:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

ぃゃぁ、疲れたなぁ。

商法も終わった。

営業報告書も終わった。

監査役報告も終わった。

税務申告書もだいたい終わった。

さて、次の仕事を探さなくちゃ。

レディ〜〜〜、ゴー!(チノパソ風味)

posted by spa at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月12日

またしても中国に行かされるアルヨ〜

昨年の暮れから密かにやっている弊社子会社の中国JV設立プロジェクトだが、ようやく設立認可を得て事業開始の運びとなった。

でだ、営業プランは出来ているのだが、肝心の金勘定(経理関係)がまるでダメ夫くん状態なのだ。

「JV先の人が兼務でやってくれるからダイジョブだよ〜ん」

みたいな感じで日本の皆様は薄らボンヤリと何とかなるみたいな感じで考えていた。

実際のところ、弊社から派遣する総経理(日本で言うところの社長ね)が

「経理わかんねぃから中国来て何とかして」

という要請が来てしまった。

その後、色々とモメ、結局23日から4日間香港あたりまで出かける事となっちまったのですわ。

ドメスティックなアッシとしてはあまり乗り気のしない出張だが、向かいの席に座っている同僚のA氏は、

「中国行ったらニセモノ財布を買ってきてくださいね〜」

と暢気なリクエストをしてくれる。前回の中国出張で買ってきた結構精巧なニセモノのエルメスの財布が100元だったのを見てホスィと言うのだ。

あぁ、買ってきてやるとも。おみやげのついでとして、この仕事もノシつけて差し上げますとも!(w

それはヨスとしてだ、最大の問題は、またアレを食べさせられないだろうか?という懸念だ。


ええ、コレ↓です。味は.....想像にお任せします(W

中国虫

アッシは喰ったよ。

.................ぃ ゃ、喰 わ さ れ た。


posted by spa at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月11日

スマン、寝ている自分に責任はとれませんヨ〜無意識の自分は制御不可能な怪獣だ罠〜

眠っている自分のした事に責任取れって言われても困っちゃうよね、フツーは。

カミさん曰く、

「アンタってどうして寝ているときってあんな事やこんな事すんの〜!」

っていつも怒っているのだ。

睡眠中にいきなり怒り出したり、訳の分からない発言をしたり、なかなか睡眠中の人間のとる行動とは思えないのが多くて困っているらしい。(楽しい?)

「すげぇ夢見ちゃったよ〜。会社でセビちゃんが........」

などと、数分間に渡り延々とつまらない夢の話をするらしいのだが、全然覚えてない。

ひどい時には夢の中でケンカしたらしく、横で爆睡しているカミさんを握り拳でぶん殴ってしまった事がある。

内容は忘れたが、夢の中のケンカ相手を思いっきり殴っていたらしく、夢の中の行動に体が反応したらしく、拳を振り抜いた先にカミさんのご尊顔が有り、拳の先の感触に驚いて目が覚めた事も有った。(マジで怒られましたよ。ハイ。)

とにかく、自分で言うのも何ですが、睡眠中の自分の行動に責任が全然もてませんゼ。

出張や旅行で同じ部屋に寝る事になる方には事前に説明しておかねばならんですな(笑
posted by spa at 00:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。