2004年08月29日

やっと帰国です。〜中国出張最終日〜

上海での買い物を終え、まだ上海に滞在する予定のSさんの部屋に預けていた荷物を取りにホテルへ戻った。

ホテルは軍が経営しているホテルなのはお話したが、Sさんは北京大学卒の超エリートで同級生は皆共産党のエライ方ばかりであり、当然軍にもコネクションはあるので、このホテルにもSさんを知っている従業員はいる。

ホテルからリニアモーターカーの駅までタクシーで移動する予定であったが、Sさんの配慮でなんと「軍用車」に乗って移動したのだ。高速料金は無料、また、一般車はみんな道を空けてくれる有り難いクルマであった。

軍用車
<赤い文字は軍用車の証だそうな>

そして、念願のリニアモーターカーにやっと乗ることが出来た。

中華リニアモーターカー

しかし、車両のデザイン、乗り心地などは決して良いというにはほど遠いものであった。でも、時速431kmという日本では体験出来ない乗り物にのれたという事だけは貴重な体験であった。

時速431KMアルヨ
<時速431kmを突破した時の速度計。騒音も我慢の限界を突破しそうだったw>


振動はと騒音、そしてカーブの時の遠心力、まだまだである。ちなみに車両はドイツのsiemens社製である。今度、日本のJRのリニアモーターカーの実験線に載せて貰おう。

帰りの飛行機はDC-11かつエコノミーシートだったため、イマイチ乗り心地は良くなかった。

台風が来ている中、無事飛行機は成田に着いたが、タッチダウンしてから飛行機から降りるまで30分近くもかかった。いや、飛行場の中を「走り回った」というべきであろう。

本来駐機すべきところが埋まっていたらしく、あちこち飛行場内をDC-11が走り回り、結局貨物置き場に着き、そこからリムジンバスでイミグレまで運ばれたのである。飛行機のタラップを降りると、妙に肌寒いのでA氏と顔を見合わせるくらいの気温の低さに驚いた。同じ日の上海は36度だったので驚きはなおさらである。

イミグレや税関で捕まることもなく、無事に家までたどり着き、なんとか中国出張は無事に終わったのであった。

もう中国へ行くことも無いのだろうなと思うと、面倒な交渉に巻き込まれなくて嬉しい反面、美味しい料理や楽しい買い物が出来なくなるのが少々残念な気もする。

あとは同僚のA氏に頑張ってもらおう。買い物もたのんでおこうw。
posted by spa at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海買い物ネタその2〜ニ●モノでも良い物と悪いモノがある〜

印鑑を買った後、昨年の12月にも行った「王(ワン)さんの店」に行った。

実はこの店がプライベートでは最大の目的地だったりする。

ワンさんの店は某自動車系商社の現地駐在員から弊社子会社の部長経由で紹介された店で、佇まいは一見平凡な町の革製品屋であるが、実は超精巧なイミテーション・ブランド品を販売する知る人ぞ知る店なのである。

前回もワンさんの店でエルメスの財布やヴィトンの時計(タンブール)など買いまくったのである。タンブールに至っては知る人ぞ知る時計なので、結構注目される時計であり、ホイヤーなどとは違い、詳細を知る人がいないため「凄い時計してますねぇ〜」と驚嘆の目で見られることがしばしばあった。実際、近所の時計やでベルトのサイズ直しを依頼したところ「お客さん、良い時計してますねぇ」と言われたくらいの精巧な偽物である。

今回はエルメスの財布2つ、ブルガリとフランクミューラーの時計、エルメスのトートバッグを買った。正規価格だと300万円分くらいだろうか。でも、購入価格は一万円+40元(手持ちの人民元がなかったので、円でもOKだよ〜、というワンさんの配慮に感謝)。

同僚のA氏もブルガリ時計や財布など買いまくり、超ご満悦状態であった。

今後も公安のガサ入れにあわずに細々と偽物稼業を続けて欲しいのであった。
posted by spa at 22:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海買い物ネタその1〜とにかく値切れ!自分が考えているよりも更に値切る事は可能だ!〜

ホテルをチェックアウトしたあと、市場調査という名の下に上海市内に買い物へ出かけた。

最初は「龍園」と近所の商店街へ行った。ここは昔の皇帝様がお母さんの為に建築した回廊式の庭園で、中では中国茶の説明と飲み方を教えてくれる場所もある。本当の目的は「印鑑」を彫りに来たのである。会社の同僚や、カミさん、友人に頼まれたのと、アッシが昨年の12月に彫った印鑑を見て欲しいと思った同行のA氏も彫りたいと言うことで立ち寄ったのである。

前回行った店を訪れ、中国語ネィティブのS氏に早速交渉を依頼した。

「印鑑25元で、ケース朱肉付きで5元、合わせて30元でどうよ?」

「アイヤ〜、ダメアルヨ、60元。」

「以前来てここで買ってんだよ。そんときは印鑑25元とケース5元だったじゃん!」

「ダメダメ、そんな値段じゃ売れないアルヨ」

「10個も買うって言ってんだよ。ダメかい?」

「ダメ!」


「分かった。じゃ他の店で買うからイラネーあるよ〜」(といって立ち去ろうとする)

すると数ミリ秒の間も開けずに、

「30元で良いアルヨ!」

ときた。なんつー奴らだ、とあんぐりと口をあけて驚いてしまった。
実は前回、印鑑30元、朱肉付きケース10元で購入したのだが、その価格よりも安く買えるとは思っていなかった。

この市場一帯で同じような印鑑屋が沢山あり、参考として他の二件に値段を聞いてみたところ、120元、80元という答が帰ってきた。同僚のA氏はもっと安く買えるのではないのか?と思っていた様だったが、2件の値段を聞いてケース付き30元の価格に満足したようである。

そんなA氏の満足そうな表情、priceress!
posted by spa at 21:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーサンキューってOKって意味だとさ。〜中華人民共和国軍のサイドビジネス(笑)〜

さて、中国出張最終日となりましたが、昨夜は就寝後に3回も電話で叩き起こされるという非常に腹立たしい思いをしますたよ〜。

「マッサージ?マッサージ?オケィ?」

マッサージ姉ちゃんからの電話であった。マッサージとは名ばかりの所謂売春というのが実際のところという話である。

うるせぇぞゴルァ!と英語で言ってもどうもヤツらには通じないようであった。

「あ〜、ノーサンキュー!!」(
ガチャリ:受話器をたたきつける音)

不快な気分で眠りにつき、数分経った後に

「ピ〜ンポ〜〜〜ン」とチャイムが鳴った。またしても眠りに入ろうとしたところから再び起こされ、ドアの覗き穴から様子を伺ったところ、マッサージ姉ちゃんがいるのだ。ドアを開けられないように金具をドアにはめたままドアをほんの少し開け

「マッサージ、ノーサンキュー!!」

と吐き捨てる様に言う。すると、姉ちゃんは「???」という顔をする。「バイバイ」と言い、ドアを閉める、数分間はチャイムを鳴らすが、シカトし続けると帰ってしまった。

これを1時間おきに2回繰り返し、かなりご立腹モードな状態で再び眠りについたのだが、三度目の電話でハッとひらめいた!

「そうか!ノー”サンキュー”でヤツらはOKと勘違いして部屋に来たのか!」

三度目の電話で

「ノー!!バイバイ!」

と言ったら部屋に姉ちゃんが来ることは無かった。
そんなつまらないやりとりをしている間に午前二時を過ぎていたのであった。

朝食時に同僚のA氏に事の顛末を話したところ、

「え?そんな電話は全然来なかったッスよ〜」

とのお答え。同行のS氏、N氏の部屋にもそんな電話は無かったらしい。ホテルの部屋割は三人は隣同士の部屋だったが、アッシだけ少々狭い離れた部屋だった。もしかしたら「ターゲット部屋」だったのかもしれない。
ちなみにこのホテルは中華人民共和国軍直営のホテルである。姉ちゃん達は旨に名札というか番号札を付けており、電話はおそらくホテル内のどこかからかけていた様である。

中国の軍隊さんも多角化経営に乗り出してきたのかもしれないが、お願いだから寝ている旅行者を起こすことはやめて欲しいものだわなw。
posted by spa at 21:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月28日

中国で撮ったモノ〜マメなんだか、ヒマなんだか>自分〜

上海の朝は晴れてさわやかっス。

昨日、深セン空港と上海市内で撮った画像をアップするさ〜!

1.深セン空港の南方航空の姉ちゃん

CZ姉ちゃん

カメラ目線をしっかりもらってしまいますたよw。

2.F15戦闘機

F15もどき

おもちゃ売り場があったのでのぞいてみました。F15は可変翼じゃないんだけどなぁw。

3.テレタビーズ

テレタビーズ

中国でも評判のテレタビーズ。日本では全然ダメでしたが...。

4.ラジコンカー

車おもちゃ

運転手が不気味すぎて素敵ですわ。

5.リニアモーターカーの看板

リニアモーターカー

上海空港から上海市内まで走っているドイツ製リニアモーターカーの看板。所要時間7分少々。最高速度420kmときた。しかし、運行時間が17:30のなので、飛行機が遅れたせいでギリギリのれなかった〜。本日帰国の際に乗ってみようとおもってます。

6.タクシーの窓ガラスが....

タクシー窓ガラス

割れてるんですヨw。

7.トラックが〜〜!

トラック

タクシーに乗っているとき、隣に走っているトラックの荷台をみたら、見事に壊れてました。さすが中国、おおらかすぎるw。

8.新天地

新天地

上海市内の新天地という六本木みたいな街。とにかく日本に負けないくらいの先進の街ですっつーか、欧米人が多いです。

9.揚子江の景色

揚子江1

島耕作もここでチャコママとデートしてたのか〜とw。観光名所だけあって夜中でも人大杉状態ですた。

10.揚子江側からみた風景

揚子江2

上海租界というか、昔からのイメージをそのままに綺麗にライトアップされている景色は絶景でございます。


これから朝飯喰って、市内視察という業務をこなしつつ(?)買い物に行ってから帰国の途につきます〜。
posted by spa at 08:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快適な中国南方航空の旅(笑)〜楠田絵里子似のスッチー付き〜

現在、深センと上海の中間地点あたりの上空10000m位を飛行中でやんす。

今日の午前に一通り予定していた出張業務を終え、一路上海へ向けて帰国の途に付いたのである。が、何でこちらに来た時の逆ルートで帰国しないのか?と普通は思うだろう。

香港から日本へ飛ぶ飛行機で、「JAL便」は16時くらいでなくなってしまう。今日の午前中に某監査法人と打ち合わせをしたのだが、午前中で終わらずに夕刻まで延々と打ち合わせ時間が延びてしまう可能性が高かった。従って、本日の便による帰国は無理となってしまう。

そこで、同じもう一泊するなら、航空運賃の安い中国南方航空で上海まで飛び、上海で一泊して翌日に帰国すりゃええやん、という事になったのである。香港は前回行ったし、物価も日本と変わらない。ならば上海で美味しいモノを安く食べて、「お土産」を買った方が良い。

まぁ、リスク回避と共に、美味しいところも頂きましたってこってす。

13:55の便で上海に行くはずだったのが、1時間のディレイとなってしまい、出だしから躓いてしまう形となった。

その前に、同行のSさん(元中国人で日本に帰化。奥さんは日本人。中国語はもちろんネィティブな方で中国出張に欠かせない方)は深セン空港で日本から持ってきて取引先に渡すつもりだった日本酒(300mlX3本)が検査で引っかかってしまったのだ。

規定では、「1000ml以内であれば荷物に入れて運ぶことができる」という運送約款になっているのだが、中国人の南方航空スタッフが

「2本までだ〜!」

と間違った事を言い、Sさんは

「おまい、ちゃんと約款を見やがれ!ゴルァ!」

とクレームを付けたにもかかわらず、

「ダメアルヨ!」

の一点張りであった。

怒りの収まらないSさんは、

「スパちゃんよ〜、おまいさんのバッグに酒を入れて頂戴な〜。」

と言い出した。

それはそれで構わないのだが、アッシの荷物は既に預けてしまったので手元にはない。Sさんは荷物預け票の半券を係員に言って持って来させるという荒技に出たのだ。

数分後、アッシの荷物がカウンターに出てきて、先ほどS氏の日本酒3本ダメだゴルァ!と言った係員の前でアッシのバッグにその日本酒を突っ込み、

「これなら文句ねぇだろい!」

と勝ち誇った様な態度でリベンジを果たしたのであった。

Sさんがそんな事をしたモンだから飛行機の出発時刻がワザと遅らされたのか分からないが、1時間もボケーっとする事になってしまったのである。

昼食を食べてなかった我々は、危険物持ち込みの検査を終えた後に、空港内で食事を取ったのだが、その値段に結構驚いた。ラーメン(排高面)と青島(チンタオ)ビールをオーダーしたのだが、ラーメンが35元(約470円)、ビールが30元(約400円)である。

深センの地元の食堂で中華料理をたらふく食べてビールを沢山飲んでも32元(約430円)である。中国の物価は一般労働者向けのプライスとそれ以外の金持ち層では全然違うのである。(飛行機乗るのが金持ちってわけじゃないけど、多分洗面器ご飯を食べる様な工場のおじさん達は飛行機には殆ど乗らないんだろうな〜、と勝手な想像っス)

上海行き飛行機に搭乗後、台風の影響もあるのか若干の揺れはありながらも、今のところ無事に飛行を続けている。

機内食が出てきたが、それはそれは、なんとも「マズー」なモノであった。「航空食品」と書いてある小さな箱にはケーキっぽいモノとパンもどき、そして航空ゼリーが入っていた。怪しげな航空ゼリーの味は久しぶりに食べる不味い食品であった。同僚のA氏は一口食べて箱に戻してしまったくらいである。

スッチーの姉ちゃんの制服はチャイナドレスもどきで、多分チーフCA(キャビンアテンダント)と思われる楠田絵里子みたいな化粧と髪型をした姉ちゃんがいた。

最近、C(ビジネス)クラスしか乗ってないので、久しぶりにY(エコノミー)クラスに乗ったら、やはりCっていいなぁと改めて実感した。こんな狭いシートに詰められて何時間も我慢したくないですな。まぁ、会社持ちだからCに乗れるんだけどw。

てことで、まもなく上海到着です。

上海レポートは後ほど。

posted by spa at 00:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月27日

中国出張中の食生活と体重増加の関係〜中国出張3日目〜

今日(26日)で中国出張3日目となった。

朝起きて中華料理っぽい朝食バイキング、昼食は出張先子会社の近所の地元中華料理屋、夜は子会社メンバーとホテルで中華料理を食べるので、中華料理漬け状態なのだ。

メシ

だからと言って不満は無い。いや、おいしい。ウマーなのである。

ただし、酒の量が尋常でないのが辛い。昼間からビールを大瓶2本くらいというのはヨシとして、夜の宴席のマオタイ酒の様なアルコール度が52%みたいな酒を次々と飲むのはかなり辛い。いや、飲んだ後にジワジワと効いてくるのだ。

昨日の晩は体調も悪くなく、余裕で飲めたのだが、今夜はイマイチ調子が悪かったせいか、宴席終了後にかなり足に来ていてそのままホテルへ帰りバタリと寝込んでしまった。(で、目が覚めてブログ書きをしている自分も少し変だがw)

体重も若干増加傾向にあり、帰国したらカミさんに怒られそうな予感しまくりだ。

しかし、体重を激減させる方法がある。
それは危険な手段でかなりの苦痛を伴う。

「中国の生水をたくさん飲む!」のだ。

そうすると、腹をこわして5kgくらい一気に痩せる事は前回の出張で実践済みだ。
でも、そこまでやる勇気はございません(笑

てことで、ホテルで腹筋とかストレッチをしているのでした。トホホ
posted by spa at 10:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国雑記〜こんな感じですよ〜

前日、ホテルの回線がつながらなかったので一日遅れでアップします。

アッシが現在来ている中国の子会社は香港からフェリーで30分くらいの深セン(土ヘンに川=土川)というところで、一応中国国内では外資が進出する経済特別区といわれるエリアである。

「特別区」というが、全然特別っぽくないのである。というか、子会社の周辺は日本の田舎の繁華街っぽい感じがする。しかし、深センの中心部(といっても少しだけだが)は高層ビルが林立し、それなりに特別っぽい。

やはり来たからにはデジカメで沢山画像をとらねばならん〜!と言うことで気の向くままに撮りまくった画像をちょいとアップしましょう。

1.洗面器ゴハン

前回の出張の際にブログに「洗面器ゴハン」ネタを書いたが、ついに現場を押さえたのだ。

洗面器

洗面器でメシを食べるという合理的な中国4千年の歴史にカンペー(乾杯)したい。

2.鉄腕アトム屋

虫プロ(手塚治虫プロダクション)の方が見たら怒り出しそうだが、鉄腕アトムを店のイメージキャラクターにして商売をやっている店があった。

アトム!

ちなみにこの店は幼児衣料店である。世界中で手塚漫画はウケが良いのだなぁと実感。

3.ストリート

電柱が少なく(地中線なのか、それとも電力が行き渡ってないのかわからないが)、道路も舗装されていない(が、路面は固まっている)感じのストリートである。

ストリート

一般道で気をつけなければならないのは、車線が日本と反対な事と、ボーっとしていると轢かれてしまうということだ。中国では車の方が人間様よりも偉いのである。車に轢かれてもみんな保険なんか入っていないので死に損になってしまうらしい。

4.謎の中国人男性

不思議な事に気づいたのだが、昼間っから中国人男性がストリートで爆睡していたり、ウンコ座りをしながら談笑している姿が多々見受けられた。

昼寝

ヒモでもやって生計を立てているのか、それとも日本人からカツアゲでもやってんだろうか?などと思いつつ、コソーリとカメラを向けて撮ってしまう自分の勇気(?)に乾杯!(w
posted by spa at 10:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

毎日新鮮な体験を深センでしていますw。〜中国出張2日目〜

昨夜にひき続き今夜はこんなモノが出てきマスタ。

鳥頭

同僚のA氏は泣いて喜んでましたw。

ちなみに中国でこれを部下に差し出すことは

「おまいはクビだ!」

という意味らしいです。

つーか、またしてもマオタイ酒(アルコール度52℃)をしこたま飲んでしまいました。

てことで、今夜はヘベレケ状態でアップしてますw。
posted by spa at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなモノ喰いました

虫の次はこんなものを喰わされましたよ〜。

鳥の足

今夜は何を喰わされるんだろう〜?

それにしても、中国人って何でも喰うんだなぁ。
posted by spa at 18:28| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国出張〜おそらく最終回〜

昨日、飛行機の中で書いたネタを遅ればせながらアップします。


今日から土曜まで中国に出張である。
香港の隣にある深センに設立した子会社の経理業務関係のチェックをしにいくのだが、アッシとしてはこれが最後の中国出張と思っている。

というのも、部内ローテーションで後輩のA氏へ中国関係業務を引き継ぐこととなり、今回の出張はA氏も同行して引き継ぎをしながらの仕事となる。

で、現在、機内食を食べ終え、東シナ海(沖縄の少し北西)の上空を10700m・時速898kmで飛行中である。

一応お約束ではないが、目的地は社内規定の4時間超のフライト時間を超える地域である香港なので、ビジネスクラスに乗っている。
ビジネスクラスにも慣れてしまったこともあり、最初の頃の感動は薄れてしまったがやはり快適だ。今回は夏休みの時期と重なったこともあり結構予約が混んでいたせいか、二階のアッパーデッキの予約が取れなかった。残念。アッパーデッキの良いところは、なんといっても窓側席に付いている収納エリアの大きさである。機内にノートPCやらデジカメなどの小物をたくさん持ち込むアッシとしてはかなり重宝している。また、一階席に比べて人数が少ないこともあり、かなり静かなのがいい。

今回の往路フライトに問題が一つだけある。

それはまだ発生していないのだが、あと40分くらいすると「それ」は始まる....らしい。

台湾の北に台風が来ているのだ。離陸前に機長から「かなり揺れるよ〜〜」というアナウンスがあった。

結局少し揺れた程度で終わった。

つーことで、今日からの出張は前途多難なことになりそうな予感がしてます〜。
posted by spa at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

深紅の優勝旗が津軽海峡を越えた!〜夏の高校野球決勝戦〜

24時間TVと五輪のウラで面白かったのが高校野球の決勝戦だった。

札幌生まれで幼少時代の10年間を北海道で過ごしたアッシとしては北海道の高校が優勝するという事は「アリエナイ〜!」というイメージしかなかった。

いつも一回戦、いや、運が良ければ2回戦までしか行けないというイメージしかなかったのだが、今回はあれよあれよという間に決勝まで勝ち進んでしまったのだ。

決勝戦はあんなシーソーゲームの乱打戦になるとは思いもしなかった。

ハラハラしながらも面白く試合を見る事が出来て良かった、というのが率直な印象である。
ダルビッシュの様な注目選手を擁しているわけでもなく、こまめな打線で上手い事勝ち進んでしまった駒大附属苫小牧高校は大した物だ。監督の作戦勝ちといったところだろうか。
今秋のドラフト会議に駒大附属苫小牧高校の選手の名前が出てくるのかちょいと楽しみでもある。

もしかしたら、監督がスカウトされるかもしれないな〜(笑
posted by spa at 05:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人口増加エリアなのにコンビニ・商業店舗撤退続出の謎〜全ての元凶は●ティだ!〜

先日、ウチの前にあるコンビニが閉店した。

1年以上前になるが、500mも離れていない別のコンビニも閉店した。

近所のサティもテナントが続々と抜けてスカスカになってしまい、なんとも異様な感じがする状況となっている。

まるで木更津の商店街みたいな状況である。

この様な事を書くと、アッシの住んでいるところは僻地みたいな感じがする田舎都市のようであるが、それが全然違うのだ。

大手町から20分強の住宅地で、2000年頃から湿地を埋め立ててかなりの広いエリアをゼネコンと市が共同で開発した肝いりの街なのだ。

なのに、なんでやねん?

高層マンションや戸建て、アパートが沢山建ち、かなりの人口を擁しているのは明らかである。しかし、商業的に採算が合わない為、商業施設が撤退を余儀なくされているらしい。
そもそも、地元住民が地元で買い物するのか?というと、必ずしもそうではない。

東京まで出かけたり、クルマで数分の船橋ららぽーとや市川のコルトンプラザなどに足を伸ばせば安い品が手に入るのだ。

過当競争+経営努力が足りないのであろう。

家の前にあるコンビニが無くなったおかげで、夜中に空腹になったり、ビールを切らしたりした際に、歩いて1分以内で買い物が出来るのは非常に有り難かった。

サティも経営危機前のやる気の無いいい加減な状況に比べ、イオンが支援に乗り出してからは少しはマトモになってきたものの、集客力に欠ける商売をしている。

大型施設のサティが人を集められないから、周辺商店にも人が来ない。さらには周辺商店がなくなるとサティonly目当てでくる客も少ないので他の商業街へ行ってしまう...。

負の連鎖っつーのはこんな所にも及んでいるんですな。

さらに言うと、人気の無い街は人口が減り、資産価値も減ってしまう。資産価値が減る前に家を売ってしまえ〜!という人が続出し...。

やはりこの状況の元凶は、「市川妙典サティ」、おまいのせいだ!

と大声で言って文句をいう住民はいないだろう。

頼むからなんとかしてくれよな〜、サティちゃんよ〜。
posted by spa at 05:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

24時間TVのあり方〜マラソンしてお涙頂戴ってのはどうよ?〜

今年の24時間TVはかなり苦戦を強いられたと聞く。

アテネ五輪と正面からぶつかった事に加え、高校野球決勝戦もぶつかってきたのだ。

ある調査期間によると、今回の五輪は前回のシドニーよりも視聴者の五輪指向がより高まっているとの事である。そりゃあんだけ予想していないメダル獲得と話題性のある競技が有れば皆五輪を見るわな。

24時間TVも30回くらいやってれば、もういい加減ネタ切れか〜?みたいな所も出てくるであろう。

いくら酒・タバコ・男という荒んだイメージの杉田かおるが心機一転して真面目に100kmマラソンやっても意外性という話題だけでレーティングはとれないであろう。

それにしても、杉田かおるのマラソンは思ったよりも楽勝で走ってしまったというのが意外でならない。

もうちょっと苦しんで走ったり、放送時間中に武道館に帰ってこれない様なアクシデントが起きるかと思ったら、爽やかな顔して武道館に戻って来ちゃったのね、みたいな印象がした。(この2ヶ月の練習走行距離が197kmなのに、本番でいきなり100kmは無いだろ〜?と思うのはアッシだけか?)

あのマラソンもいつの間にか距離がどんどん伸びて前回は110kmまで走行距離が伸びてしまい、なんでこんな事するのかな〜、みたいな感じがしてならない。

エンディングはZARDの「負けないで」とか、マッキーの「どんなときも」や、お約束の「サライ」を歌って、最後に徳光が泣く〜というお約束の形式美の様な「ショー」になっている。(もういい加減止めて欲しいと思うのはアッシだけ?)

昔は手塚治虫アニメとか有って子供心にはとても面白かった気がするのだが、ジャニーズタレントやモー娘。のSPドラマしかやらなくなってしまった。

ここ数年2ちゃんねるでも話題になっているのだが、募金の収支に対する疑惑も出ている。
果たして今の様な募金チャリティ番組のあり方が正しいのか否か、日テレはそろそろ真剣に再考した方が良いのではないか?と思う。

まぁ、27時間TVで馬鹿な番組を垂れ流しにするフジよりほんの少しはマトモな感じはするが...。
posted by spa at 21:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月20日

遅ればせながら「R25」の話

リクルートが2ヶ月ほど前から出しているフリーペーパー(マガジン?)の「R25」という冊子がある。

恐らく首都圏でしか配布していないと思われるので、首都圏外の方はどの様なものか見当がつかないと思われる。

「SPA!」+「サイゾー」みたいな内容のコンテンツで読者層を25歳前後のサラリーマンと想定している様だ。(「R25」の意味は映画の「R指定」からきているものだと思う)

毎週木曜日に都内の駅に専用ラックを設けてかなりの部数を置き、勝手に持って行ってちょうだいな、というものである。

広告収入で発行費用をペイし、利益を上げるものであるから、そこはやはりかなりの発行部数に基づく広告料をクライアントに請求しているのであろう。

アッシは毎週木曜に門前仲町で東西線から大江戸線に乗り換える際に「R25」を貰っているのだが、配布ラックの場所が乗り換えの反対ホーム側に有るため、わざわざそこまで歩いて取りに行っている。

それにしても「R25」の掲載記事の内容は「僕らSPA!世代は〜」と謳っているSPA!誌そのものであり、斜に構えた記事は明らかに「サイゾー」誌そのものである。

まぁ、お金を払って雑誌を読む様な記事が殆どない「SPA!」や、面白いんだけど結構値段の高い(と言ってもそんなに高価というモノでもないが)「サイゾー」を年々目減りしているサラリーマンの小遣いから支出するのも「なんだかな〜」的な人たちにとってみれば「こりゃい〜や!」的な、まさに読者ニーズを見事に掘り当てたものと言えよう。

って事で、毎週楽しく読ませて頂いてますw。
posted by spa at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

エステー化学「消臭力」〜「クサっ!」と叫ぶプリンスは絶妙!〜

消臭材関係のCMはどうしてこんなに個性的かつ強印象なものが多いのか?

先月からオンエアされているエステー化学の芳香剤「消臭力」のCMは笑わずにはいられない。


捕らわれた姫を助けに向かった王子
クサっ1

クサっ2


姫の幽閉された部屋を破り
クサっ3


姫と再会したが、
クサっ4


「クサっ!」
クサっ5


と部屋のにおいの臭さに耐えきれずとダッシュで逃げていく
クサっ6
「この部屋臭うよ!」


呆然とする姫。
クサっ7


その後、姫は「消臭力」をお店まで買いに行く
クサっ8



というオチもなかなか笑える。

(詳細はこちらこのCMがウェブで見ることが出来ます)

このCMの他にも、小林製薬の消臭ポッド(外人のガキんちょが頭に消臭ポッドを乗せて踊る変なCM)など、他にも色々と個性的なものが多い。

でも、「クサっ!」に勝てるCMはなかなか無いであろう。
posted by spa at 06:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆ 貴様ら、機内でのマナー教えてください ☆

来週の中国出張に備えて情報収集(2ちゃんねるで情報収集するのも何だけど)をしていたのだが、たまたま面白いスレを見つけたのでピックアップしてみますた。

1: 機内に入る前に1礼して靴を脱ぐ。
2: 脱いだ靴は揃えて端から置く。
3: FAに和席か洋席か聞かれるので、恩慮せずに答える。
4: 席に着いたら、正座し背筋を伸ばす。
5: FAに声をかける時は、大きな声で、”たのうも”と呼びかける

【重要】スッチーにナンパされても、嫌な顔しない。

子供を放牧しない、ぐずらせない。

ビールは3本まで。
夜11時から朝8時までは自主規制により提供されない。

Yの客はシャワー使用不可。サウナのみ可。
サウナの後は、必ず牛乳(コーヒー牛乳可)を飲む事。

タバコを吸うときは必ず、窓を少し開けること。

機内食を食べ終わったら容器は洗って返却です。
食器を洗う時は、「ママレモン」を使う事。

カラオケは一人三曲まで。
MYマイクは使用可

YクラスのYは優先席の意味。
だからYクラス登場の時は真っ先に搭乗して
機内前方にある広い席に座る事。

着陸の前に神棚に手を合わせる事

飛行機から降りる時は、座席を綺麗にすること

到着時に点呼を取られるので、
自分の座席番号は控えておく事。

トイレに行く時は、機長とチーフパーサーの署名捺印が必要です。

スチーの足をマッサージしてあげること

携帯電話はマナーモードで。

離陸してマイクが回ってきたら、スマートに自己紹介をする。

機内誌はみんなで回し読み

離陸後、しばらくたって機内がマターリした頃を見計らって
コクピットに挨拶に伺うのが礼儀。

機内食は、一番最初に食い終わったやつの勝ち。

スッチーに心付けを渡しておくと、通路側に座っている客の場合
通りがかりにお尻をこすりつけていってくれる。

入国書類の「SEX」の蘭には「週3回」とかいておけばOK!

チェックイン時に「今日、誕生日なんだ」と言っておくと、
離陸後に機長が来てハッピーバースデイを歌ってくれるYO!

無事着陸したらパイロットに拍手する。
AFR機では常識!

機内ビンゴゲームの優勝者には飛行機の着陸をやらせてくれます。

機内食を配るときにたまにボランティアを募集することがあります。

座席上の荷物入れに、操縦士やスッチーが仮眠していることがまれにあるが、
もし見つけてもそっとしておいてあげること。ハードワークなんだから。

飲食のメニューに金額が無い場合はぼったくり便ですので気をつけてください。

機内食はみんなで揃って「いただきます」するので、全員に
配り終わるまでは手をつけてはならない。

映画の料金は全てドル払い

座席を向かい合わせにする際はまわりの乗客に一声かけること。

流しそうめんは、F,Cのみのサービスです。

運転中にパイロットに話し掛けない
運賃はなるべくお釣りのないように運賃箱へ

離陸後「ポーン」と電子音がしたらお待ちかねの食事の時間です。
速やかにギャレーの前に1列に並びましょう。

窓から手や顔を出さない

スッチーの写真を撮るのは構わないが、搭乗〜離陸時は遠慮すること。
離陸後機体が安定し、シートベルト着用サインが消えたらOK。

機内食のおかずは各自持参

機内食の配膳は今週の給食当番がやる。トイレ掃除は掃除当番。

機内映画は「生きてこそ」をリクエストできる。

いっせいにコールボタンを押すと、鯖ダウンするので注意すること。

トイレットペーパーは大1回50センチ、小1回10センチまで。

とりあえずビジネスマナーとしてクルー全員と名刺交換する。
頂いた名刺はフライト中テーブルの上に並べておく。

来年1月より機長がリクエストにより歌を歌ってくれるそうです。
ボーイング系の機種では手元のチャンネル5番で聞けるそうです。
歌い終わったらスタンディングオベーションで拍手喝さいのこと。
ブーイングでもだそうもんなら、放り出されます。

機内販売はちゃんと値切ること。
カタログの価格は、日本人だからと高めの価格設定されていることがほとんど。
品物にもよるけど、3分の1くらいから始めて半額くらいに値切れたら上々。

機長が「いただきます」を言うまで、食事に手をつけてはいけませんよ。

「貨物室からのうめき声」はエンジン動力と関係があるのですか?



....などなど、色々ネタは出てきましたが、個人的にはやはりコレ↓

トイレでシャンプーするときは
機内の人に聞こえるようにオーウとかオーイエ!とか言う


例のシャンプーのCMですな。

香港行きの便で是非ともやってみよう!
posted by spa at 05:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ちゃんねるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娘の正直さに涙する父〜直球ド真ん中な幼子にカンパイ〜

3歳の娘を持つ同僚のDちゃんの話。

娘:「おとうさん、髪の毛がなくなってきたよ」

Dちゃん:「え゛....」

(娘、父がショックを受けた事を幼いながらも感じる。)

娘:「で、でも、おとうさん、よこの毛がのびてきているよ。」

Dちゃん:「....」


髪の毛が少なくなってきたDちゃんは相当のショックを受けたらしい。

また、この娘さんは、Dちゃんのお父上にも同様のネタをブチかましたとのこと。

娘:「おじいちゃん、髪の毛がなくなってきたけど、よこの毛がこんなに長くのびてるよ」

Dちゃんのお父上:「.............」


子供の無邪気な発言は時として大人を失意のどん底にたたき落とす威力を持つ。

娘が年頃になって、

「このハゲオヤジ〜!」

と罵られる日もそう遠くはないが、教育熱心なDちゃんの娘さんはその様な子にはならないだろう。(ならない事を祈る〜W)

posted by spa at 05:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

おみやげ〜休み明けからいきなり脱力しますた〜

元ルーキー(昨年入社の2年目社員君)が夏休み休暇で先週米国に行ってきた。

遊びに行ったのかと思いきや、東海岸に住むお姉さんが仕事の関係で西海岸側へ引っ越す事となり、お手伝いでわざわざ行ったとの事であった。

背が高く、コントラバス奏者で慶応卒、勤務先が伝統のあるベイエリアの上場企業、乗っている車がプジョーの帰国子女、という経歴だけ見ると凄そうな感じのする元ルーキー君だ。

そんな彼が帰国して、アサイチでアッシのところに来ておみやげをくれた。

彼はニヤリ、と含み笑いをしながら箱を差し出してきた。

「?」←唖然としているアッシ。

それは素敵なパッケージデザインのタバコだった。

パツキン姉ちゃんたばこ

アメ車とブロンドの巨乳姉ちゃんが写っている図柄はいかにもアメリカっぽい。

お土産って言っても他にもいろいろ有るのにこんな素晴らしい(?)モノを買ってくる彼のセンスに脱帽したw。

流石帰国子女、伊達にTOEICのヒアリングで満点に近い成績を出してない!(リーディングはお粗末なスコアだったのは愛嬌かw)

悔しいから来週の中国出張で彼のお土産に匹敵する様なものを買ってこようと心に誓いましたヨ(笑)。

でも、チャイナドレスの姉ちゃんで中国国産車と一緒に写っているタバコなんて無いよなぁ。
posted by spa at 07:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

よく休んだなぁ〜!夏休み。〜夏休み報告〜

先週はず〜っとお休みでした。ひたすらお休み。

ここ数年、まとめて夏休みを取った事もなかったので、ある意味新鮮な夏休みであった。

どこか遠くに出かけたわけでもない。

実家は隣駅。カミさんの実家も浅草だから帰省なんて言葉は我が家には存在しない。

幕張へ家具を見に行って、アウトレットモールで買い物をしたついでに恐竜展を見に行ったくらいであろうか。

カミさんの変な趣味(?)に付き合って恐竜展に行ったが、なかなか面白かった。

恐竜ってデカイんだなぁ〜、恐竜の肉(「はじめ人間ギャートルズ」に出てくる「肉」って美味しそうだよね)って美味いのかなぁ?など考えながら見てきましたよ。

平日と言う事もあり、ガキんちょも少なく、デジカメで恐竜の骨と記念写真を撮りながら面白おかしく見てきた次第でありんす。

あと、夏休みはひたすらリネージュ2を廃人の様にやりまくったくらいですかね。(カミさんにキチガイ呼ばわりされましたがw)

先々週末にLv33だったのが、昨日の夜にLv39まで成長する事が出来ましたヨ。

「鬼だ。ヤツは鬼だ!」

とクラン(ゲームで言う血盟、ゲーム内で知り合ったメンバーのグループ)のメンバーに言われましたよ。寝ても覚めても空き時間はひたすらレベル上げに没頭してましたんでw。
リネ2もなかなか終わりが見えてこないというか、レベル上げしないと終わらないゲームなのでやらざるを得ないのですわ。

言われるがまま適当に入ってしまったクランだが、どうもイマイチ居心地が良くないので、二次転職したら抜けてしまおうかと思う今日この頃です。

そして始まったアテネ五輪。あまり面白くないと思っていた最近の五輪だが、開会式を見ていたら意外と面白かったりしちゃう。

リヒテンシュタイン公国なんて三人しか開会式に出ていないのか〜、とか、こんな国有ったのか〜、などと地理大好きなアッシ的には興味惹かれるモノがあった。

ただ、気になったのは次回の北京五輪に「Chinese Taipei」(台湾)は出場出来るのか否かという事だ。

「台湾は中国の一部だぞ、分かってんのか、おまいら!」

という中国の政策からすると非常に微妙な感じである。

二国間では政治的には揉めているが、経済的な面では三通(通商・通信・通行)が拡大している。今後の台湾側の政策の方向性に依るところも大きいかと思う。

話は飛びまくるが、東京の熱帯夜も先日の雨と共にようやく終わったが、それにしても暑い日が多かった。

我が家はエアコン稼働率がここ数年来最も高くなり、来月の電気代の請求がちょいと怖い。電気を大切に〜。と言われても暑いのだから仕方ない。(ごめんねデンコちゃん)

週明けの今日、久しぶりに出社したら、部長サマ方はそろって夏休みモードであった。

社内の事業部を巡回しても、かなりの空席率である。

同じフロアの某事業部に至っては

「全員休み!」

であった。某事業部の主な取引先が自動車会社というのもあるが、事業部長のキャラクターが濃く出ていて面白い。(某事業部長は昔なかなか会社に現れない事で有名であった。夜中にファミコンの三国志を延々とやって、昼間は家で爆睡し、夕方に会社に出てくる様な方だ。それでも優秀な方なので事業部長になってしまった(笑))

今週は、来週から出かける中国出張に備えていろいろと準備しなくてはならない。一応中国関係の仕事は優秀な後輩のA氏に全て引き継いでアッシはこの仕事から足を洗うよていである。(A氏に「逃げるのは無しッスよ〜〜〜!」と言われそうだがw)

てことで、夏休み報告おしまい。
posted by spa at 19:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。