2004年09月27日

何故中国でF1なんかやるのかね?〜ミハエル・シューマッハ 無知な中国ジャーナリストにも紳士的態度〜

先月、中国(香港・上海)に出張した際、「F1上海開催」という文字があちこちに見受けられたが、

マカオの間違いだべ?

と、思わずsmapの中居君みたいな事を言いそうになってしまったのだが、どうやら本当に上海でF1をやるようだ。

以下の記事を見て、中国での開催は時期尚早だな〜と、思ってしまった。とゆーか、誰もが思うだろう。

何も知らない中国のジャーナリスト軍団に嫌気が差しているミハエル・シューマッハだが、彼は冷静を保った。グランドハイアット国際ホテルで行なわれたプレスカンファレンスにおいて、あるジャーナリストが“なぜあなたはいつも赤色を身にまとっているのですか?ラッキーカラーなんですか?”と、ミハエルに質問した。
いつも引退のことについて聞かれてうんざりだったミハエルは、その突拍子もない質問をしたジャーナリストに対して微笑みながら、フェラーリのクルマの色が赤色だからだと答えた。
「それが幸運を運んできてくれるよう願っているよ。この色を身にまとってここにいることを素晴らしいと思っているし、ボクらが上手くやれることを願っている。このレースも勝ちたいね」
次に、彼の7度目のタイトル決定を上海サーキットにおいて実現させることができるかという質問がミハエルに飛んだ。これに対しても、ミハエルは落ち着いて、そのタイトル決定は1ヶ月前に実現したと説明した。
さらに的外れな質問は続く。“過去にあなたがドライブしていたジャガーは、来季以降参戦しないことになりましたが、どう思いますか?”という質問が出されると、彼は紳士的に、ジャガーをドライブしたことはないと答えた。

なんと言いますか、

「おまいら、ヴァカの集まりですか?」

とでも言いたくなってしまいますな。F1の記者会見に出てくるジャーナリスト(って言うのかね?中国でも)なら、せめて皇帝と言われるシューマッハの事くらいは知っているだろうよ。つーか、F1って何だか知ってんのかぃ?と問いつめたい。子七時間問いつめたい。真っ暗な部屋で拘束衣を着せて無音質に放り込んで問いつめたい。

そもそも、モータリゼーションが全然発達していない中国でF1なんかやって意味あんのかよ!と言いたい。広告宣伝効果としても、あまり縁のない様なブランドが多い上に、開催メリットなんかないだろうよ〜。

確かに極々一部の富裕層の数が日本の人口くらいいるのだから、ベンツとか沢山売れてんだよな〜。商業路線一直線のクルマ業界にとって、中国は今後とても美味しいマーケットになるのは間違いない。でもね〜、いくらなんでも、こんな質問を記者会見でしちゃう国でやるのはプライドや魂を売り渡しちゃった様なもんだろうよ。

まぁ、本番でdでもないハプニングが続出して、ドライバーから総スカン食らって来年以降の開催は無くなってしまうような予感がしマッスル。

それにしても、シューマッハ、今回の件で、皇帝からネ申の領域に入ったな、と思いましたヨ。

posted by spa at 00:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

鼻歌は無意識というのは本当らしい〜鼻歌オジサン妄想記〜

先日、鼻歌オジサンが担当している子会社の女性社員と話す機会が有ったので、それとなく鼻歌オジサンの事について話してみた。

やはり皆さんが気にしているのは鼻歌らしい。

「そうなんですよ、仕事の話をしているときにいつも鼻歌を歌っているんですよね。」

そうだろ、そうだろぉ〜〜〜〜!

「ところで、何の歌を歌っているんですかぁ〜?」

シラネーヨ!こっちが知りたいくらいだヨ。

女子大生の娘を持つ鼻歌オジサンの家庭は、一家で食卓を囲んでいるときには必ず家族全員で鼻歌でも歌っているんだろうな〜、と想像してしまった。

「お父さんは下のパートで、お母さんと私は上のパートでハモりをいれようね」

なんて微笑ましい(?)会話がされているのかもしれない。(ナイナイ!)

鼻歌オジサンは同志社卒らしいが、同志社の合唱部にでも入っていたのだろうか?

いや、もしかしたら「鼻歌部」でも創設していたのかもしれない。

カラオケに行っても鼻歌を延々と歌っているのだろうか?スキャットでもなく、鼻歌での新ジャンルを開拓してCDデビューしちゃったりして〜W。

デビューCDがミリオンセラーになったらどうしよう。今のうちサインを貰っておいた方がいいかな〜。
humming uncle from eastってタイトルがデビューCDのタイトルだ。

ワールドツアーとかやったりしてw。

鼻歌だから歌詞が無く、世界中どこでもスンナリと受け入れられるに違いない。

衣装は和服が良いかなぁ。背が高くてスラッとしているからビジュアル的には悪くはないだろう。ウケ狙いで着ぐるみ着せたりするのもアリだろうか?

イカンイカン、妄想ばかりが膨らんでいるw。

とにかく、鼻歌オジサンと経理部の業務委託契約が切れるまであと1年弱だが、それまでになんとか歌っている曲目を明らかにしたいものである。

んん〜〜〜〜、んぅん〜〜〜、ん〜〜〜♪

哀愁を帯びた名曲に心打たれる人を一人でも増やすのがアッシの使命に違いない。

あぁ間違いないともw。
posted by spa at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鼻歌オジサン観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

【コレは】iPod mini Extreme 新発売!【驚き!】

APPLEがまたしても新しいiPodを作りました。まさに画期的な製品で、思わず予約してしまうところでした!

iPod_Extreme

気になる詳細はこちら

<追加機能一覧>
AMラヂオ
FM(ステレオ)
TV音声
血圧計
体温計
万歩計
携帯電話
心拍計
GPS
大きさ半分
ogg
2ちゃんブラウザ
オナホール
防犯ブザー
缶切り
FMトランスミッター内蔵
デフォルトでリモコン
MS Office
鏡もち
懐中電灯
Illustrator、Photoshop
爪切り
HDD増設用SCSIインターフェイス(HDI-30コネクタ)
CDプレイヤー
制汗スプレー.....

と、まぁこんなモノ有れば大ヒット間違いないですな。

個人的には

「占い」

がお気に入りの機能ですw。

マジで作ってホスィ。
posted by spa at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バカネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

どうしてもダメなCM〜ナベサダはキライじゃないヨ〜

ナベサダこと渡辺貞夫が喫茶店のマスターをやっていて、店にいる客が、

「この写真、どうよ?」

みたいな事を訪ねると、

「ゴッキゲンだね〜」

というのだ。

このデジカメのCM、2種類有るのだが、ナベサダの台詞は全く同じなのだが、それは良いとしても、

その「ゴッキゲンだね〜」だけはどうしてもダメ。

許せない。

今時「ご機嫌だね」なんてツカワネーヨと言いたい。

しかも「ゴッキゲン」なのだ。

あぁ、聞いてて気恥ずかしくなるヨ。

さらに、どの時間帯も放送されているヘビーローテーションな放送回数。

勘弁しちくり〜。

会社で使ってみようかな。相手の反応が楽しみだw
posted by spa at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

お年寄りを驚かすと心臓が止まるので注意しましょう〜中国であったホントの話〜

中国で孫のいたずらで祖母がショック死するという事件が起きた。

9月11日、元教師の70代の祖母は11歳になる孫から「先生の日」のお祝いとしてプレゼントの包みを貰った。彼女が包みを開けたところ中からおもちゃの生首が出てきて、彼女はショックのあまり死亡した。このプレゼントは孫が小遣いを全部はたいて買ったものだという。

と、いうニュースである。

アッシも人を驚かせるのが好きだが、コレを見てちょっと控えた方が良いかな〜と、少々反省しましたヨ。
posted by spa at 22:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

完全に終わっています。〜浦安ネズミ屋敷の凋落に失望しますた〜

先日、カミさんと浦安に有る某ネズミ屋敷(海)に行ってきました。

ここには某オリエンタルランドの株主だったので、オープン前に株主招待日に行ってきたのですが、それ以来なので、約3年ぶりに行った事になります。

今回は、同僚でネズミ屋敷バイト後輩でもあるT氏のお薦めに従い、隣接(というか、ネズミ屋敷の一部にもなっている)のホテルミラコスタのレストランでランチを予約した。

もともとネズミ屋敷のメシは

金額の高さと味が反比例する

という誰もがよく知っている法則が有り、高い金出してまでランチを予約した方が良いのかちょいと悩んだが、「ホテルのメシ」ということもあり、それなりに味はマトモなんだろうと思い、予約してしまったのである。

ちなみに、ホテルでメシを喰うと、パレードの時間帯にはレストランのテラス(パークに面している為、パレードが2Fのテラスから見下ろせる形となっている)からパレードを見る事が出来るのだ。有る意味特等席であり、パレードの始まる1時間以上も前から地べたに座ってイライラする事もないのだ。

12時からのパレードに合わせてランチを11:30から予約しておき、パレード開始5分前からテラスに出る事が可能な為、それまでゆっくりと食事を堪能する事が出来るのだ。

もちろん、食事が美味しければ、の話である。

デザートや、色んなメニューから好きなモノを選んで食べる事が出来るバイキングを選んだワケである。

しかし、感想を正直に申し上げると、

「全然美味しくない」

のである。(一部イタリア料理で美味しいものが有ったが、肉系魚系和食系は全滅に近かった)

ちなみにこのレストラン、給仕の数はかなり多いのだが、サービスが全然なってない。蚊の鳴くような声でボソボソと話すので何言ってんのか良く分からないし、従業員同士の私語が多すぎる。卓上に紙ナプキンも無く、おしぼりなど食事の途中に持ってきたくらいだ。

所詮遊園地が経営しているホテルのレベルの低さを思いっきり露呈しているようなモンだ。まだファミレスの方がマシである。

食事の後、アトラクションを回ったが、この日は空いていた事もあり、待ち時間も殆ど無くスムーズに園内を回る事が出来た。

気になった事は、アトラクションのバイト君達が今後どんな人生を送るのだろうか?という事である。

皆20代くらいの年齢で、平日にネズミ屋敷で働いている彼らの殆どは「専業」である。(一部学生もいるが)最近はここでバイトするのもかなりの”入社倍率”とのことである。彼らの大半が「夢と魔法の王国大好き!」という人たちなのだ。いつまでも夢と魔法の王国で働いていて、気が付いたらいい年こいたオッサンやオバサンになっていて、普通の世界で就職出来なくなってしまう、という事も多々ある様だ。

そんな事を思いながら彼らの笑顔、通称「ネズミースマイル」を見ていたら何となく悲しくなってしまった。

ここに来ると多くの人はかなりの量のお土産を買って帰るのだが、そのお土産の質というのも昔に比べてかなり質が落ちている。ここで言う「質」というものは、お客が欲しがる「心惹かれる」モノを言う。

カミさんがお店をいくつか回って開口一番、

「欲しいものが何もない!」

というのだ。

確かに面白そうな、いや、思い出になるようなモノは全然ない。イベントを年がら年中やっていて、そのイベントに合わせた商品を期間限定で販売するのがここの商品販売のパターンであり、その内容はイベント名を貼り替えて、色をちょっと変えれば皆一緒みたいなモンである。

ちなみに前述のT氏の話によると、最近のネズミ屋敷の商品開発は現場を全然見ていない(顧客のニーズを察しない)上に、自分たちの作りたいモノしか作らない(ターゲット不在の商品開発)らしい。また、先日、同社の求人募集で商品開発というのが有ったが、やはりマンネリ化している事の現れだと思われる。正直、ここ数年、ネズミ屋敷に来て欲しいと思ったものは殆ど無い。というか、手ぶらに近い状態で帰る事が多い。

極めつけは夜のイベントと花火である。

イベントは何を見せたいのか全然分からない様なモンであり、ここの主のネズミ君が最初にちょこっとだけ出てきて、後は水ばらまいて、火を噴きまくって消防法スレスレの火花を客の目の前でドカンと大音量の音楽で誤魔化すだけのものである。
とても光と音のシンクロナイズなんてものではない。お金だけかけた学芸会レベルのものである。

花火もサイテーだった。良く分からない音楽流してショボい花火をちょっと打ち上げるだけ。ただそれだけ。

利益を追求するのは営利企業としては当たり前の話だが、日本にテーマパークというモノを持ってきた老舗としてのプライドやネズミの生みの親の理念を無視した経営方法に突き進む某オリエンタルランド社には呆れてモノが言えない。

パーク内から外界が一切見えない様にしてお客には夢と魔法の世界で遊んで貰うという「お約束」が有ったが、いつの間にかそんな事は忘れてしまったが如く、建設中や工事中の箇所が丸見えだったり、外の景色が見えたりと、済し崩し的に自ら作った「戒律」を壊しているのだ。

因みに創業者のウォルター・エライアス・ネズミー氏はパーク建設時に腰をかがめて、子供の視線でパークの景色やデザインを行ったが、ネズミ屋敷(海)はそんな事は全然考えていない様な作りである。(行った際試してみると良く分かる。子供の視線の高さで真ん中の海方面のパーク内を見ると、壁ばかりで景色は全然見えない。)

こんなお客不在・無視のネズミ屋敷にはあまり行きたくないものだ。

ネズミ屋敷は一番良かったのは5周年記念の頃だと個人的に思っている。

一番初めの大イベントだったという事もあり、当時は全社で気合い入りまくりだった事もある。(会社としての損益・財務状況も伸るか反るか?という微妙な時期だった事もある)

人混み大嫌いなアッシとしては昔の様な「ゲスト数3000人」という時期が有った頃が懐かしいし、それくらいの人数のパークで遊びたいものである。

質は年々落ちていくばかりであり、昔ネズミ屋敷で働いていた者としては悲しいばかりである。
posted by spa at 23:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

世界初のちんちん図鑑創刊!〜元ルーキー君のナイスな発想にマイリマスタ〜


こんな図鑑が出るらしい。

http://tokyo.txt-ifty.com/fukublog/2004/09/post_19.html
http://pub.tv2.no/nettavisen/english/article276891.ece

以下2ちゃんねるより一部抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
著者の一人で著名な性科学者Espen Esther Pirelli Benestadさんは「多くの男性が性器に
コンプレックスを持っており、性生活に影響を及ぼしています。私が性科学者として接した男性の
50%が、長さや太さは十分か、きちんと機能しているかを気にしています。この本はそうした疑問に
なされてきたいい加減な回答にとって代わるでしょう。」と語る。

 出版社のDinamo社によればこの本には多くの興味がよせられ、すでに何千もの予約が入っている
という。

 この本では歴史的、文化的な観点から男性器について語られてきた事実や噂などにスポットを
あてているが、最も男性の助けになるのは多数の写真だろう。 100本の男性器の平常時、勃起時が
3つの違ったアングルから写されており、全ての写真は同一スケールで撮られている。

 多くの男性が比較対象としているはエロ雑誌やエロビデオにはいわゆる普通サイズのモノが
登場することは少ない。しかしこの本を見れば自分のモノが全く普通であり、皆と同じようなものだ
ということが確認できる。

 しかしながら男性器の撮影にはいろいろと困難を伴った。積極的に撮影に協力する男性はわずか
だったが、著者たちはなんとか100人の勇敢な男性を集めることができた。「面識のない男性の
マスターベーション姿を撮影するなんて、面白い経験をしたよ。」と写真家のJo Michaelさんは語った。
写真を撮られた男性は、勃起は「技術的に起たせたもの」であり、もっと自然な刺激があればもう少し
大きくなったろうと語った。

 著者は今後女性器図鑑の作成も考えているという。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

すげ〜な〜、オイっ!(オイはアニマル浜口の口調で)

このネタを元ルーキー君に投げたら、

「ディアゴスティーニで世界のちんちんって本を出したら面白いでしょうねぇ」

ときた。

初回特典は何が付くのかとても興味をそそるなぁw。

やはり慶応卒はロクなヤツがいねぇやw(当社実績)。
posted by spa at 06:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

死刑制度存続の是非について

本日、死刑確定囚の宅間守氏の死刑が執行された。

通常、死刑が確定してから執行されるまで、かなりの期間が有るのが普通だが、彼の場合は確定してから約1年少々で執行された。

本人が上告せず、罪状を認めた事もあり、結審してしまったことや、世論も彼の死刑執行について異論を唱える人が少ないということが大きな要因だと思われる。(本当のところはどうなんでしょうな)

超党派の国会議員による死刑制度を廃止しようという動きはかなり前から有るが、なかなか実現するのは難しく、最近は活動自体も停滞している様な状況だ。

死刑って無くなった方が良いの?どうよ?

って聞かれたら答えに困ってしまう。

野放しにすればまた事件を起こす可能性が非常に高い。
死ぬまで労役に処すれば税金がかかる。
矯正するのはとても大変。人間はそうも簡単には変われない。

てことで、手っ取り早いのが死刑ってことなのだろうな〜。

人間の尊厳というか、人権の尊重とか声高らかに唱える方は素晴らしい人格者なんだろう。
アッシはそんな崇高な人間じゃございませんので、現行制度については○をつけちゃいます。

でも、人が人を裁くと言う事の難しさについては、一応大学で習ってきたので、それなりには理解しているつもりです。ハイ。

皆さんのご意見お待ちしております〜。
posted by spa at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーナス8割カットなんてされたら死んじゃいます、弊社なら(笑

先週末、今何かと話題の某U銀行の方と飲んできました。
財務戦略的な意味合いの強いCMS(cash management system)の仕事をアッシがやっておりまして、その関係もあり某U銀行さんの方とお仕事をしております。

某U銀行の方達は某SMBC銀行の方達は違い、とても人当たりも良く個人的にお付き合いしたいタイプの方だったので、当ブログに何度も登場しており財務担当のDちゃんの紹介もあって、今回飲み会をするに至ったということです。

しかし、タイミングがとても悪く、丁度飲み会当日の朝のニュースで「某U銀行、賞与8割削減!」と新聞の一面を飾るニュースが出てしまい、アッシとDちゃんは朝一番に

「あちゃ〜〜〜〜〜!」

と顔を見合わせるようなカンジになってしまいました。

飲み会ですが、彼らもそのネタかどうか分からないが、ずいぶんとモメたらしく、30分ほど遅れて銀座の某居酒屋に現れ、開口一番そのネタになったのは言うまでもなかったッス。

しかし、そんな逆風にもめげず、明るい話題で盛り上がって頂けたのは幸いでしたヨ。(でも、内心土砂降りの気分なんだろうなぁ...。)

お互い年齢も近く、ネタ的にもマッチングする所も多かったので、とても楽しい飲み会だったのだが、その内容についてはとてもここでは書けない様なオフレコネタばかりだったのが残念です。

しかし、某U銀行のOさん、最初有ったときから「チョ●ボール▲井」に似ているな〜、と思っていたのだが、結局言えなかった...。やっぱ失礼だもんなw。

CMSの売り込みはこんな基準でXXXXXXXを連れてきてXXXXXなXXをXXて来るとは、いや、まいった。是非とも次回はお願いしたいもんだ罠。

なんか伏せ字ばかりになってしまった。

某U銀行さんの名誉にかけて言うと、

皆さ〜〜〜ん、某U銀行さんは決してぁゃしぃ銀行じゃございませんよ。
OさんKさんが若干微妙な方面でナイスガイなだけですw。

なんかフォローになってないな〜。

今度飲むときが楽しみだス。
posted by spa at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

4-6月期連ドラのレーティングについて

今期の連続ドラマはここのところ無かった傾向のレーティングとなっている。

飛び抜けているのは「冬のソナタ」だけで、大きく凹んでいるのはぁゃゃこと松浦亜弥の「愛情イッポン!」のみである。

その他のドラマは若干の差はあれども似たり寄ったりのレーティングである。

若干強いのは「ウオーターボーイズ2」くらいで、個人的にイチオシだったセカチューこと「世界の中心で、愛を叫ぶ」がもう一つであった。

面白いと感じたのが「東京湾景」と「はぐれ刑事純情派」だ。

「東京湾景」はタイトルからして関西ウケが悪そうだが、やはり関西地区のレーティングは11%前後で関東地区の14%くらいと若干差がある。また、「はぐれ刑事純情派」は関東ではイマイチだが、関西では結構なレーティングだったりする。

ぁゃゃほどではないが、深キョンの「南くんの恋人」も若干レーティングが低い。やはりアイドルに連ドラを任せるのは厳しい時代になったのだろうか。

「バツ彼」「君が思い出になる前に」「逃亡者」は大体11〜13%位のボックス圏に落ち着いている。

ぁゃゃのドラマが何時打ち切りになるのか密かに楽しみにしていたのだが、残念ながら予定通りの放送回数で終了を迎えるらしい。

TBSの「愛するために愛されたい」の様なもの凄い打ち切られ方を期待したいたんですけどねぇ...。

9月の前半には大方のドラマは終了し、例によって季節特番(「**警察追跡24時間」など)にが放送されるので詰まらなくなってしまうが、10月以降の新ドラマに期待したい。

ぁあ、アッシはなんてドラマっ子なんざんしょ。いい年こいてw。
posted by spa at 11:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

クルマの窓を開けるときは気をつけろ!〜ウ●コまみれになった男の話〜

まぁ、取りあえずはコレでも読んでくださいな。

お気の毒としか言い様がない。

口の中にも、いや、鼻の奥まで入ったんだろうなぁ...。

当分メシ食えないよ〜orz。

posted by spa at 07:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バカネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

密かに注目しているブログが有るんですわ〜侮り難しSFC〜

ちゆサンのブログによく登場する「少年サトシ」ことぬんぬん氏のブログが面白くてたまらない。

ちょいと微妙なセンスがなかなかイイカンジなブログなのです。

なんと言っても文章が絶妙だよね。ウチの元ルーキー君も同じ慶応だが彼の書く日本語の百億千万倍以上、彼の文章はセンスが光っています。

マジ超大絶賛。

実は弊社内でも彼のブログは結構な人気を博しているのだ。

何が魅力なのか?

凄く秀でている能力が有るワケでもなさそうだし、かと言ってdでもない虚け者でもない(勿論だが)。微妙なヘタレぶりとストレートな欲求(主に性欲w)に関する描写が素直に書かれていて、有る意味飾らない若者像にとても好感が持てる、と言ったところだろうか。

今まで他人様のブログについてコメントや批評をした事は一度もないが、彼のブログだけは特別だ。

いつアッシのブログネタとして取り上げようかと迷っていたのだが、ついに取り上げてしまった。

果たしてこのブログに彼のブログを取り上げてしまった事を彼に伝えるべきなんだろうか?

こんな事書いてしまうと、今までの様な面白いネタを書いてくれなくなってしまうのではないかと、少々心配している。

でも、ご学友のちゆサンが恐らくここを見て彼に言ってしまうんだろうなぁ。

<<少年サトシことぬんぬん氏がこのネタを見てしまった事を前提に>>
今後も飄々としたネタで弊社社員の一服の清涼剤となって頂ければ幸いです。
天王洲まで来る事が有ったら好きなだけ飲み食いさせてあげますので事前に連絡くだいなw。

更新が毎日ではなく、たまにだからこそ面白さが増す(当ブログ比1000%)のだろうな〜。

少年ジャンプの発売日が待ち遠しい小学生の気分ですw。
posted by spa at 07:39| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偽造日本債権50兆円を所持の5人を逮捕〜スケールでけぇなぁ〜!

やるならこれくらいのスケールの大きい仕事をしなくちゃワリに合わないよな〜。

50兆円といえば160GBのHDDが50億個も買う事が出来ちゃうじゃないですか!


牛丼換算した日にはもうお腹一杯どころか、お新香とみそ汁にビール3本つけてもイイですか?って言いたくなってしまう。

でも、50兆円の換金化って凄く難しいよな〜。

全部換金したらバレるから、せいぜい数億円が良いところに違いない。

それにしても、日本のセコイ犯罪に比べると立派な(?)モンだ。

日本人の犯罪者も見習わなくちゃねw。
posted by spa at 07:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タラちゃんってカツオの妹だったんディスカーっ?

仕事の打合せで何故かサザエさんの話となったのだが、ウチの元ルーキー(慶応卒2年目)がdでもない事を言って出席者一同騒然となった。

彼が言うには、

カツオとタラちゃんは兄妹だと言うのだ。

日本人なら回答率100%とも言えるサザエさんちの家族構成を知らないとは、なかなか侮れないヤツである。しかも、タラちゃんが「女の子」だと思っているとはスゴイ感性である。
恐らく皇族の様な世間から隔絶された生活を送っていたとしか思えない。

常識だと思っている事が実は常識でないという事だと分かった時の衝撃というのは計り知れない。

この時の打合せはアッシが主催の会議で進行役でも有ったのだが、正直、この衝撃で脳内では大変な混乱状態であったのだ。

元ルーキーにもっとサザエさんネタを突っ込んだら、

「え?波平って花沢さんのお姉さんじゃないンすか?」

とでも言われそうな感じだったので、それ以上は聞かない様にしましたデス。バブー。

追伸:「ノリオ」さんってキャラいましたよね?<イネーヨ!
posted by spa at 00:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

リネージュ2近況〜リアルもバーチャルも人間関係って大変ね

ここのところ、リネージュネタをあまり書いていなかったのだが、諸般の事情がありまして書きにくい状況だったのです。

Lvも既に41となり、転職も済ませ、ウィザードからソーサラーへと爆裂攻撃魔法使いの道を着々と歩んでおります。

で、何が問題だったの?というと、それは「クラン」、所謂「血盟」にありました。

誘われるままに入ったクランは悪いクランではなかったのですが、クラン活動が実生活にあまり合わない感じで、結果として脱退する事になってしまいました。(途中、中国出張やら仕事の関係で忙しくなったりとクラン行事に参加できなくなるという事も原因の一つではありました。)

やはりクランに加入すると言う事は、組織の一員としての活動をそれなりにしなければならず、クランに入っているという事で享受するメリットに対して、盟主(親分の事ですな)やメンバーへの協力などをしなければなりません。また、クランの活動が活発になれば成る程、時間的な制約を持つ勤め人はプレイに制約が出てくるのですわ。特にメンバーが平日に活発な活動を行っているクランでは社会人にとって厳しい環境になりますな。

と、まぁ理由はいろいろ有ったのですが、残念ながらクランを辞めるという決断をしたワケです。

中国から帰国して、中国関係の仕事が思ったよりもハードにならないので、取りあえずはリネを続ける事にしたのですが、訪中前にクランを脱退したので、孤高のソロ人生を歩まねばならなくなってしまったワケである。

前のクランにもどるワケにもいかないので、ソロを続けていたところ、以前からの知り合いが「ウチにこいや〜、ゴルァ」とお誘いが有ったので、再びクランの一員として活動する事になったワケである。

しかし、前のクランと大きく違うところは「活動が全然活発でない」という点であろう。また、メンバーのログイン率もそう高くはなく、社会人として平日少ししかログインできないアッシにとっても「こりゃええわ」的な感じで気楽に参加できたワケです。

一番大きいのは、盟主が「アフォ」だという事ですかね(笑)。

悪い意味ではなく、とても楽しいバカネタ口八丁なヤツだって事です。オリンピック見ながらバカネタをチャットしつつ適当に遊ぶってのはなかなかイイカンジなクランかな、と思ったワケでやんす。

某掲示板で「入らなければ良かった血盟」というのが有り、それを読むとドロドロとしたクランの状況が書き込まれており、皆さんも結構苦労されているのね〜、と思ってしまいました。

辞めるに辞められないクランで自由の無いゲームをするというのは、ゲームをやる意味など無いのではないかな?と思うのですが、それはそれで、現実世界に通じるものが有りますな。

当分は今の盟主の元で気楽なリネ生活を送ろうと、妙な安心感に浸っている今日この頃であります。
posted by spa at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お前等、ブラウザって何を使ってますか?

先日、メインで使用してるブラウザを変えた。

96年からネットをやっているが、ブラウザに関しては色々と使ってみたものの、最終的なスタイルとしては多段表示のタブブラウザという形態がアッシにとって一番使いやすいものとなった。

ブラウザ遍歴は以下の通り。

1.Netscape Navigator(Version2.*)

Windows95が出て、28.8kbpsのアナログモデムで接続していた頃。
ネット接続料金が基本料金3000円で月30時間を超えた場合は従量料金制だったのでやたらとネット代がかかって仕方なかった時代。

2.Netscape Navigator(Version3.*)

この頃までブラウザは有料で売ってましたって言うと、「マジスカ」と若い衆に言われそうですな。

3.Internet Explore(Version4.*)

ブラウザとエクスプローラー(シェル)が統合した時期。この頃くらいにNetscapeとIEのシェアが逆転したような気がする。当時は「LNB」(画像貼り付け掲示板の元祖みたいなものでもの凄いアクセス数が有り、ログを読むのが大変だった)にハマっていた。2チャンネルの黎明期に近い様な感じかな〜と。

4.Net Captor(Version4.*)

OSも98に変わり、始めてタブブラウザという物を知る。こんな便利なモノ有ったのか〜!と目から鱗が落ちまくった感じであった。

5.Dona Browser

Net Captorはシェアウェアで、無料版は広告が出てくるのが非常にウザかったので、何か良い物は無いかと物色したところ、動作の軽いドナちゃんを見つけた。しかし、ドナちゃんは開発者が途中でバージョンアップを止めてしまった為、他のブラウザを探す事になってしまった。

6.Moon Browser

x082氏開発のタブ式ブラウザmoonと出会う。このブラウザは3年以上使ったが、これほど使い勝手の良いブラウザは無かった。しかし、開発者が言うに「お先真っ暗バージョンアップなし」というブラウザで途中で開発を打ち切ってしまった。(と言いつつも、昨年の夏に久しぶりのバージョンアップ(α版)が有った。今後の開発はどうなるんだろうか?)
開発が進まない中、新たなブラウザに乗り換えるしかないな〜と思いつつも、moonを上回る操作性と軽快さを持つものがなかなか現れなかったので、結果として3年ほど使う事となったしまった。

7.Donut P

世間で評判のドーナツの派生版であるPを2年ほど使う。殆どmoonと変わらないインターフェイスと操作性、さらにはアドインの充実さに惹かれて使用した。が、毎度の事ながら開発中止の憂き目に遭い、後継ブラウザを探す事になってしまう。

8.Sleipnir(Version1.66)

巷で評判のSleipnirこと「プニル」をようやく使用する事になった。実はかなり前からプニルを知っていたが、二つばかり気にくわない点が有ったため、メインブラウザとして使わずにいたのだ。一つは「タブの多段表示が出来ない」(Ver1.64で多段式になる)、もう一つは「結構動作が重たい」という点である。前者については久しぶりにバージョンアップ情報を見てみたところ多段タブ対応になっていて、「こりゃラッキー!」という事で解決され、後者についてはパワーのあるマシンに買い換えた事で問題を解消出来たのである。
ということで、当面はプニルを使い続けるのかな〜、というトコであろう。

マイクロソフトもIEのバージョンアップをこれ以上やらないよ〜、と宣言しているので、当分は現状のままになる可能性が高い。

上記の遍歴の途中で、モジラ(FirebirdやFireFox)などの旧Netscape系ブラウザを使ってみたモノの、個人的にはイマイチという感じがしたので、導入を見送ってしまった。

ブラウザの進化も来るトコまで来たか、という感じがするが、今後どの様な進化を見せるのか楽しみでもありマッスル。
posted by spa at 07:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

タイの皆様は徳政令が有ると信じている...らしい〜ヲイヲイマヂカヨ〜

国民の37%が借金でクビが回らなくなったら中央銀行が借金を帳消しにしてくれるとマジで信じているという事が分かった。

タイの人って凄く暢気な人が多いとある本で読んだ事があるのだが、やはりスペシャル暢気な人ばかりなんですな。

気温が高い国だと頭がボケてしまい、北方人種に比べると思考能力が落ちてしまうとどっかのTV番組で冗談交じりに言っていたが、強ち嘘でもなさそうである。(人種差別してるワケではありません。念のため)

日本でも徳政令やってくれないかな〜、と思ってしまうが、まぁあり得ないっつーか、普通はそんな事考えない罠w

小泉政権支持率が限りなく100%になるぞ〜w。
posted by spa at 07:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーセージなど万引きした男、逃げて20m転落→死亡…大阪

ソーセージなど1100円分を万引きしたのが見つかって逃走し、逃げ込んだ先のマンションの屋上から飛び降りて死んでしまった万引犯(59)というニュースを見て、日本にもまだこんな事で死んでしまう香具師がいるのかと驚いた。

しかも飲食店経営者ときた。

盗んだソーセージを自分の店のメニューの材料として使おうと思ったのか、または万引きが大好きでやめられ無かったのか、もしくは飲食店の経営が上手くいかず、イライラしてついやってしまい、世間体も有るのでエイやと飛び降りしちゃったのか、この手の事件のバックグラウンドって凄く興味がありますデス。

よくTVでおばちゃんの万引監視警備員が万引犯を捕まえて説教したり、時には犯人があまりにも不遇で泣いちゃったりしちゃうのが有るが、これもそんな感じなんだろうか。

どちらにしても、万引が悪い事と言うのは子供でも知っている事である。

法を犯すのはよくない事だヨ。

やるならセコイ事やらずに数十億単位で豪快にやって欲しいもんだ。

でも、人間、本当に困った時ってこんな感じなんだろうなぁ、と妙に切なくなってしまったのでしたw。
posted by spa at 07:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

9月になっちまいましたねぇ〜セプテンバーに関する雑多な事〜

夏休み取って、中国出張の準備して、中国行って帰ってきたら、いつの間にか9月になってました。

昨日の通勤電車はリアル中坊・高坊が鬱な表情なヤツらが沢山いて9月だという事に気づいたのでした。

それはさておき、9月ほど1日と30日の気候が違う月は無いかと思うのだが、アッシ的には一年の中で一番好きな月だったりするのですわ。

歌でも9月を題材にしたモノが多い。

セプテンバー(竹内まりや)
September(アースウィンド&ファイヤー)
セプテンバーブルームーン(松任谷由実)
すみれセプテンバーラブ(一風堂)

などなど、沢山ありますな。(古いのが多いけどW)

9月は2学期の始まりでもあり、クラス替えして夏休みが終わって、文化祭や修学旅行などイベントが目白押しの時期の始まりでもある。

2学期の始まりから秋〜冬に向けて学生時代の色恋沙汰がドラマティック(?)に進展した事が多かった事もあり、ちょいとセンチメンタルな気分になりやすい。(あんな事あったな〜、とかw)

勤め人になってから9月はいつも気が付いていたら終わっている事が多く、少々残念な気がしてならない。まぁ仕事柄9月は決算関係で忙しいから仕方ない。

丸々1ヶ月休みを取ってどこか遠いところでマターリとしたいものだが、サラリーマン辞めない限り無理なんだろうなぁ〜。

今月は出来る限り9月という事を意識して趣深い生活をしようと誓いましたヨ、ハイ。
posted by spa at 22:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。