2006年05月26日

心の闇と秒速70cm

こんちは、メンヘルな人の心の中を覗いてみたいスパです。

うつ病に関するCMとかやってるじゃないですか?アレってどうなんだろう?と思うところ多く、かなり興味を持ってしまいました。(AGAとかいうハゲのCMじゃないですょw)

うつ状態になる人に投薬で治療を行うというのが一般的みたいですが、その投薬により、事件を引き起こしてしまうというのが多い様です。

ある抗うつ剤のせいで無差別殺人をしてしまったという事で、米国の製薬会社が訴えられてしまったりしてるんですねぇ。

そもそも薬で精神状態が安定して保つ事が出来るのだろうか?

このような疑念がありまくりなワタクシです。

プラシボ効果みたいなもので、何でもないビタミン剤を「これは良く効く抗うつ剤だょ!」とお医者様に言われて服用すると治ってしまう人も多いらしいしね。

心の中って他人には絶対に覗くことが出来ない「ブラックボックス」なワケだし、そんなものを経験則でワケの分からない病名を付けて投薬するってのもなんかヘンだなと思うところ多しです。

なんでこんな話を書いているのかというと、会社で「心が壊れた」先輩がいらっしゃいまして、同じフロアなもんですから、四六時中みかけるのです。

秒速70cmで虚ろな目をした猫背な人がトボトボ歩いている姿って・・・言葉が良くないですが、正直不気味です。

その先輩も昨年春先に発症し、現在に至るまで数ヶ月も休職して投薬による治療をしていたのですが、どうも良くなる気配が無いのです・・・。

最初は彼を心配する気持ちで一杯だったのですが、どうも最近は「?」な状況になってきました。

というのも彼が前の職場で鬱になり、会社の取り計らいで別の部署へ異動させた(本人も異動したいという希望が有った)のですが、最近になって

「前の職場に戻るのってどうかなぁ?」

と言い出しているのです。

前の職場で鬱になってしまったのに、何で前の職場に戻りたいワケょ?周囲の人も異動させたり、休職中に彼が抜けた後の穴埋めにどれだけ苦労をしたことと思ってんょ?と思うトコが多いのです。

でも、鬱な人の心の中って健康な人からは計り知れない闇の世界が有るのでしょうな。

そんな人とどう接すれば良いのか?と言う話を以前後輩と話していたところ、

「モノの本によると、善意のある関わりを持たない第三者でいる事が大切らしいですよ〜」

と言ってました。

うーん、それって優しいのか冷たいのはよく分からないです。
てゆーか、生暖かい目で見守るって事なんでしょうかねぇ??

でも、そんな彼に


「・・・仕事が出来る人って良いよね・・・・・・・。」


なんて目の前で言われてしまうと、彼のいた部署の方の苦労した話を聞いているだけに、正直なところ少々カチンと来てしまいます。
えぇ、心が狭いワタクシです・・・orz

でも、本人の気の持ちようというか、周囲の人間にどうこう出来る問題ではないと思うんですけどねぇ・・・。

そして現在も彼は毎日アッシの部署の横の通路をトボトボと秒速70cmで歩いているのでした。

出来ることならなんとかしてあげたいんですけどねぇ・・・。

posted by spa at 14:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも!メルヘンの国から来たものです。
あれだね。おいらは何でもないのに友達から合法な範囲で一番強い向精神薬もらったことあるけど、薬切れたときのダウンぷりがすごいのかも…
薬にたよったら多分あかんね。完治にはならんぽ(・・`
Posted by ぷりん at 2006年05月27日 17:50
実は私のお母さんが更年期障害によるうつ障害が出ていて、薬を飲んでいて。

やっぱり薬は良くない、という先生もいるみたい。一時的に良くするだけだから、って。

で、お母さんの様子なんかを見ていて思ったのは、薬を完全に否定はしないけど、完璧に「薬」として効果的に使うのはとても難しいだろうな、ということ。

ひどかったうつ症状が薬の助けもあって回復したけれど、その直後今度はそう状態になっちゃって。
すごく元気だけど、ぱっと見以前の頃に戻ったかな?と思うけど、やっぱり普通の「健康な元気」ではない感じ。
ちょっとしたトラブルも起こしたりして、本当のそう状態だった。

かかる先生の相性というのも結構大事だったりするんだって。
話を聞いてくれる人、とか聞きだしてくれる人、とか。

「うつは心の風邪」とは言うけれど、「症状」や「病」になってしまうとそんな風邪で例えられるもんではないと思った。

それと、うつ症状の人は、自分の周りの人の気持ちはほとんど気遣ったりできないよ。最初のすごく落ちてる時期は、それに責任感じてどんどん深みにはまっていったりしちゃうけど、次の段階になると、スパの職場の方みたく、あまり周りに気がまわらなくなる。私のお母さんも今ちょうどそんな状態に近いんだ。

普通の時は、それが失礼だったり、人の気持ち考えてない、ってのはきっとわかるんだと思うよ。
でも、今はホントにわからないんだよ。
お母さんでも、「えぇ?そんなこと言う??」ということを言うから。

接し方に関しては、「善意のある関わりを持たない第三者でいる事が大切」っていうのは確かにやさしいんだか冷たいんだか^^;って感じだけど、本人のストレスになってる原因意外のことに関して少しやさしめに話をするのが一番いいと思う。趣味の話だったり、自分の身の回りに起こった面白い話だったり。

ただ、うつ症状の人と近い人ってのは本当につらいと思う。
なんだかんだいって、私は今実家を離れて暮らしてるからあまり困ったことはないけど、お父さんや妹が振り回されてるのを見るとなんとも・・・^^;
毎日目の当たりにしてると、確かにただ暖かい目で、と思えなくなるのも、しょうがないことと思う。
私も今のお母さんにつきっきりになったらきっとそうなると思う。

長い?長いよね??
ごめんなさい、つい><
Posted by トコ at 2006年06月01日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。