2006年07月04日

あるスタープレイヤーの引退

こんちは、いつかは来る日が分かっていたとしても、それがいきなり今日やってくるとは夢にも思っていなかったスパです。


えぇ、中田ヒデの事です。


29歳で引退って・・・。



どう考えても早すぎます。


しかし、気持ちがついて行けなくなってしまうので有れば、スポーツも仕事も同じだと思います。

この件についてはあちこちで書かれているので、敢えて彼が引退する理由についてはこれ以上触れません。


しかし、彼が引退する理由の大きな原因に、「彼を取り巻く環境」が有ったのは否めないと思います。

仕事もまさにその通りだと思います。


会社は英語で「corporation」と書きますが、co-operateするものであり、共同作業は一人では出来ません。サッカーも一人では出来ません。


一人の優秀な人材を生かすのも殺すのも環境次第であり、スタープレイヤーではない沢山のバイプレイヤーの助けが有ってこそのものだと思います。


自分は会社の中でスタープレイヤーではありませんが、優秀な先輩や後輩を生かせる様な「良い仕事」が出来れば、と思って日々仕事をしているつもりです。


それが誰からも評価されずとも、自分が良いバイプレイヤーになって、スタープレイヤーを輝かせる事が出来れば良いと思っています。



中田というスタープレイヤーを失った事は予想以上の損失が有ったと関係者は理解しているのでしょうか?


日本サッカー界の将来は混沌とした時代を迎えつつ有るのかもしれません。


ちと残念な思いで一杯の初夏の夜でした。


追伸:中田は以前、サッカーをしていなかったら何になっていたか?という質問に対して「公認会計士」と答えてました。彼ならCPAになることも可能でしょう。
・・・弊社の監査をしてくれないものかなぁ、とバカな事を思うアッシでしたw
posted by spa at 01:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20238441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。