2004年06月20日

オレンジデイズ最終回〜TBSの連ドラはすでに死んでいる(笑〜

お約束では無いが、連ドラネタである。

今日、TBSのオレンジデイズが最終回を迎えた。内容的には可もなく不可もなく、という感じがした。

妻夫木クンはなかなかの演技だったが、柴咲コウにちょいと不満ありといったところである。あれだけ「濃い」キャラなので、演技力は有ってもなかなか周りとのミスマッチ感が出てしまう。(特に小西とのミスマッチはひどいなぁ〜という感じがした)

ストーリーは大脚本家(笑)の北川悦吏子大先生なので、この時間帯のドラマの脚本家としては無難な起用であろう。

しかし、今クールのドラマは飛び抜けたモノが無い、という感じがしまくりである。

言い換えれば「飛び抜けて視聴率が悪い」というモノもTBS木の「新しい風」(主演:ともさかりえ、吉田栄作)くらいであろうか。

TBSもオレンジデイズ、前クール同枠の「砂の器」を除いてここのところ壊滅状態のドラマ陣である。

こうなったら、すべてのドラマの脚本を橋田壽賀子御大に書いて貰おう。

・月曜日 藤田朋子の姑逝ってヨス!
・火曜日 えなりかずきの受験戦争夏の陣
・水曜日 ピン子のシャネル談義
・木曜日 渡る世間は鬼ばかり←いつもやってるヤツね
・金曜日 赤城春恵の人生相談
・土曜日 植草克秀のオッサン少年隊珍道中
・日曜日 藤岡琢也のサッポロ一番!


これで編成やれば、毎日15%オーバーが可能だろう。

話をオレンジデイズに戻すが、一つだけどうしても許せない点がありますた。

そう、柴咲コウが第一話と最終回で体重が相当違うと思われる点だ。

最終回はホッペタがプニョプニョで、

「おまい、ISSAと別れて一体どれだけ喰ったんだ?」

と問いつめたいくらいである。

今放送中のトヨタ「カローラランクス」のCMと比べれば全くの別人である。

猛省汁、と説教したくなりますた(w

とにかく、来クールのTBSにはもうちょっと頑張って欲しいものだ。

posted by spa at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。