2004年07月05日

ドラマヲッチング!〜今クールの連ドラの傾向と対策〜

新クールのドラマがボチボチ始まりつつあります。

映画や原作の前評判通り、「世界の中心で、愛を叫ぶ」(以下セカチュー)がやはり良かったですな。

映画では山田未来君だった「サクちゃん」役がTV版ではウォーターボーイズで共演だった山田君だったりするのも何か面白い起用だなぁ、と思っちまいました。

1987年といえば...浦安のネズミランドが出来て4年目、アッシは大学生だった頃ですな。

時代考証が少しおかしいというか、ヘンなんじゃねぇの?と思うのが、サクちゃんちのTV。あんなチャンネルをグルグル回す様なTVなんてもう無いんじゃない?と思ってしまった。

日立製作所の「薔薇」などに見られる仰々しいネーミングのステレオスピーカーが付いている馬鹿デカイTVが1987年の一般家庭の居間に出てくるとは正直驚きましたよw。

それはさておき、映画も原作も見ていないアッシが言うのも何ですが、なかなか良い出来ではないかと思います。気になるレーティングも約19%となかなかの滑り出しです。来週以降が楽しみですね。ハイ。

「続:サラリーマン金太郎」、もとい、「バツ彼」も先週から始まりましたが、どうもイマイチな感じです。

ええ、個人的な感想で申し訳ないですが、高橋克美、じゃないや、高橋克典が主演というと、元暴走族でサラリーマンの物語とゆー先入観が...(笑

キャラクター的には「ランデブー」(1998.07.03〜09.11)で演じたお兄ちゃんキャラに被ってしまいそうな感じかなぁ、と。

まぁ、次回を見てから「ヲチリスト」から外すか検討しよう。

その他の作品は今週から始まるので何とも言えないが、「ウォーターボーイズ2」は◎、「君が思い出になる前に」は△、「ラストプレゼント〜娘と生きる最後の夏〜」は●、「南くんの恋人」は×(逝ってヨス)、「はぐれ刑事純情派」は論外(予選落ち)というのがアッシ的な下馬評です。

今夜始まった「東京湾景」は仲間由紀恵主演でフジの月9というところで最低でも○かなと期待しまくりでしたが、予想通りなかなかの出来でした。

ネタ的にも「在日問題」という扱いづらいネタを上手く処理しているなぁ、と関心してしまいました。来週以降も楽しみですな。

てことで、今クールは「東京湾景」「ウォーターボーイズ2」「セカチュー」3本立てでドラマヲチしていこうかと思っておりやす。
posted by spa at 22:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。