2005年09月13日

そろそろ実名報道が・・・?

「会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は無い」

という有価証券報告書の監査法人の報告書(無限適正意見書)に記載されている事項については、もちろん公正妥当で適正だと信じている・・・と思っているスパです。


さてさて、日本全国の経理屋サンにとって凄く気になるニュースでもある、「例の事件」です。

某化粧品会社の粉飾決算について、外部監査人である某霞ヶ関監査法人の代表社員・パートナーがそろそろお縄になってしまいそうな状況になってきました。

2ちゃんねるの「税金経理会計」スレッドでもお祭り騒ぎになっているようですな。


弊社も実は某霞ヶ関監査法人が監査をしていたりするのです。


弊社担当のチームはとてもコンサバティブで適正かつ公正な監査を実施するので、良い意味での緊張感を保ちながらお仕事をさせていただいております。

しかしながら、あの様な事件が起きてしまうと、弊社経営陣からも監査法人の状況について問題視する声もあがりかねないという懸念材料にもなります。


監査業務と非監査業務を同一監査法人が担当してはならないというのが、欧米ではエンロン事件以降一般的ですが、日本もADR発行会社(SEC上場企業)ではこの点についても重視しているようです。(おかげさまで謎プロXが大変な目に遭ってますが・・・)

以前も書いたSOX法(企業改革法(Sarbanes-Oxley Act:SOX))が日本でも影響を受けて、金融庁のドラフトとしてリリースされ、今期監査のDivision Walk Throughに繋がってしまったという経緯もありました。


ごく一部の方による不正のおかげで、大多数の人が困ってしまうのは何時の時代も、何処の業界でも一緒ですが、弊社担当のT会系O組の皆様の困ったお顔は見たくありません・・・。

てことで、弊社にいらした時くらいは、そんな事も忘れてお仕事に励んで下さいませ。>Nインチャージ以下皆様方

問題の会社の有価証券報告書に載っていたシグネィチャーの方、そろそろ実名報道が近いのではないのでしょうか?

S藤さん、K田さん、M村さん、T見さん、そろそろヤバスな頃合いかと・・・。
posted by spa at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。