2005年09月14日

実名報道・・・その後。

昨日書いたネタが、なんとも旬ネタと化してしまった本日の逮捕劇。

弊社執行役員経理部長にも電話がかかってきました。

某霞ヶ関監査法人の代表社員X氏から弊社社長に事情をご説明したい(つまりはお詫び申し上げる)、と。


弊社監査担当チームのインチャージ氏も出張先で大変な目に遭っている様でした。

現場は愚直に会計法規に則り、事務所の看板を背負って、その看板に傷を付けないように日夜業務に励んでいるにもかかわらず、今回の様な事件が起きてしまうと、現場としては本当にやりきれない思い出一杯だと思います。

今回の事件は、監査を受けるという「逆の立場」にいる我々としても、大変考えさせられました。


会社として、不名誉または不利な状況を露呈させたくが無い為に、会計監査人に虚偽の説明をし、また、外部ステークホルダーを騙す事を平然とやってしまう行為は、自分には到底真似が出来ません。

個人商店で社長と社員と掃除のオバちゃん役を一人で全部やっている分には、誰にも迷惑がかからないと思いますが、会社という沢山の同僚と利害関係者の中で、皆に迷惑をかける事は普通の神経では出来ないと思います。


今回の事件で、大変遺憾なのは、現場の監査チームの皆さんが深夜まで当社の不備のある資料や説明に対して、非常に真摯に対応して下さる努力に対して大変失礼、いや、冒涜とも言える行為だったと思うのです。


正直、現場はやりきれない気持ちで一杯でしょう。悔しい気持ちで本当にやりきれないと思います。


今後、捜査が進むにつれ、事件の真相が明らかになる事と思いますが、めげることなく、自分自身の職業と志に誇りを持って頑張って頂きたいと思う次第です。



posted by spa at 00:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6897178

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。