2005年11月18日

古文書発掘

こんちは、早いモンで今年も残すところ・・・という時期になってしまったというか、年末の番組(特番)がつまらなくなってくるな〜と少々憂鬱なTVっ子のスパです。


アッシが担当している某事業部の某部の事務担当女性(というが、実は陰の部長とアッシは秘かに呼んでいる。まぁ、ホントの部長初め、課長2名が大バカモンなだけなんですけどね)と愛知県某市にあるキチガイ工場(ぇぇ、狂ってます。なんか工場全体がパラノイア集団です)経理担当部署(課長&係長)がかなりの勢いでケンカしてました。

んでもって、そのケンカの火の粉がこちらに回ってきちゃったんですわ。

ケンカの原因は、コストセーブと作業効率アップの為に、従来使用していた伝票の様式を変えたいと言うことなんですな。

で、その伝票の様式を変えるよ〜、とI事業部の製品の生産工場であるその工場へ連絡したところ、頑なに従来の様式にこだわりまくるのである。

彼らは

「伝票は今までA5だったんだから、A4にするのはヤメレ!」

と、どうでも良いことを妙に固執しまくる。

んでもって、本社の経理に話をしたのかょ!と一事務担当である彼女へ工場の経理担当課長が食いついてくるという、なんともバカで大人げないを言い出すのだ。

普通ならば彼女の上司が工場の経理担当課長へ伝票様式変更のオファーをするのが普通であるが、彼女の部署自体が機能不全で、部長1名、課長2名がパッパラパーなモンだから、彼女が一人で動くワケなのである。

で、話の最後として、ジャッジの裁定は本社の経理部門であるアッシのトコへ話がやってきたのである。(ハイ、ここまでが長い長い前説でした(笑))


仕方ないので、伝票改廃の権限を誰が持っているのか調べてみた。


「昭和58年2月起案:「経理規則の改定」」

という社内稟議書を発掘しましたょ。

komnnjjo.jpg


変色して、ページをめくると紙が破れそうな文書である。


そして、妙な香りを放ち、さわっているウチに気のせいか痒くなってきた・・・・。

まさに古文書。

弊社設立は第二次世界大戦中でなのだが、一番古い文書はどれなのか、今度調べてみよう。

旧仮名遣いで「欲しがりません勝つまでは」とか書いている文書が有りそうな・・・(笑)
posted by spa at 02:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9474279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。